クレジットカード全般

クレジットカードの審査での嘘はバレる?虚偽申告をするとどうなるか解説

書類を書く男性

概要


クレジットカード審査で嘘をつくとどうなるのでしょうか?

中には審査に通りたいから申込書に嘘の情報を書いてクレジットカードに申し込みしようと考えている方もいるかもしれません。

結論を言えば、クレジットカードに嘘の情報で申し込むと審査落ちになる可能性が高いです。

嘘をついてもバレないと思っている方もいますが、高確率で嘘は見抜かれると思ったほうが良いです。稀に嘘をついてクレジットカード審査に通過した方もいますが、カード発行後も定期的な審査を行っていますし、その後に虚偽申告がバレてしまう可能性はあります。

そもそも、クレジットカードは嘘をつかないとカード発行してもらえないほど審査が厳しいものではありません。働いて安定収入があれば、ほとんどの人に審査通過の可能性は十分にあるのです。

今回は、クレジットカード審査で嘘をつくと具体的にどうなるのかについて詳しく解説していきます。

また、審査に自信がないから嘘をついてしまおうと考えている方のために、クレジットカード審査に通るコツや作りやすいクレジットカードもあわせてご紹介します。

クレジットカードの審査で嘘をつくとどうなるか

鼻が伸びている男性
クレジットカード審査で嘘をつくとどうなるのか解説していきます。

嘘がバレるとどうなるか

クレジットカード審査で嘘がバレると、ほぼ間違いなく審査落ちします。

クレジットカードは信用のうえで成り立つ契約ですから、当然嘘を付くというのは信用を損なう行為なので審査落ちするのは当然のこと。

審査では、年齢や勤続年数、年収などからバランスを見ています。一般的な企業に勤めていれば年齢と勤続年数から不自然な年収は怪しいと疑いの目を向けられます。

年齢は嘘をついてもすぐバレるのでごまかしは通用しません。たとえば、入社したばかりで年収1000万円と申告されても、勤続年数と年収のバランスが取れていませんので嘘だとすぐバレます。

このようにバランスが取れていない内容の申し込みだと、クレジットカード会社は裏付けを取る調査をします。

確実な方法としては収入証明書や在籍証明書など収入や在籍していることを証明できる書類の提出を要求することです。これらの書類により、収入や勤務先、勤続年数のごまかしはきかなくなります。

このような裏付けのもと嘘が発覚すればカード審査に落ちますが、その他に社内ブラックの措置を取られることもあります。

悪質な嘘と判断されると、そのカード会社は社内ブラックとして登録し、以降は同じクレジットカード会社に申し込みしてもすべて審査落ちとなります。

社内ブラックの登録期間がどれぐらいなのかはカード会社によって異なりますが、一般的には10年は消えないとされていますし、中には半永久的に残り続けるとしている会社もあるほどです。

年収の嘘をついた場合

たとえば、年収280万円のところ300万円で申告するのは許容範囲とされますが、大きく違っているとクレジットカード会社は疑いの目で見ます。

会社の規模、職業、雇用形態、勤続年数などからある程度の年収は予測できるため大きく年収がずれる申告はアウトです。

  • 年収280万円を300万円で申告⇒許容範囲
  • 年収280万円を500万円で申告⇒虚偽申告の可能性あり判断
  • キャッシング枠を希望していれば総量規制が関係する

総量規制とは、貸金業法による年収3分の1を超える貸付を制限する法律のことで、カード会社は年収3分の1以上の貸付はできません。キャッシング枠を希望して申し込みすると、自身の年収を証明する書類の提出を求められることがあります。

収入証明書で年収を確認されれば、年収で嘘をつくと虚偽申告とみなされキャッシング枠の減額や審査落ちとなります。

勤務先の嘘をついた場合

軽度の間違いであれば問題視されません。たとえば株式会社と有限会社を間違えて申告したなどです。

しかし、会社名を間違えて申告するのは要注意です。勤務先を間違えて申告すると、信用は大きく損ない、審査落ちの可能性が高いです。

また、無職なのに働いているかのように見せかけても、勤務先への在籍確認の電話でバレてしまいます。

雇用形態がアルバイトなのに正社員と偽るのも、年収などから虚偽申告が発覚すれば悪質な嘘とみなされ審査落ちする可能性が高くなります。

住居状況の嘘をついた場合

住居状況を嘘付くのは、クレジットカード審査に関してある程度の知識がある方です。今よりも属性を挙げないと審査に思っているために、一見審査に影響しなさそうな住居状況を嘘つこうと考えます。

たとえば、借家よりも自己所有の持ち家のほうが属性は上です。ただ、その場合、住宅ローンを組んでいる可能性が高いので、個人信用情報機関に住宅ローンの履歴がなければカード会社は疑います。

住居状況に問題があると判断した場合は、収入証明書などで返済能力を確認される可能性があります。

住居状況だけの嘘だと審査落ちの可能性は低いですが、収入証明書を提出したことで年収も偽っていることが判明すれば審査落ちになるでしょう。

身分証を偽造して嘘ついた場合

身分証の偽造は間違いなくバレます。氏名を偽って他人になりすます行為は、審査落ちするだけでなく犯罪ですから止めましょう。

身分証の偽造を代行する業者も存在しますが、依頼した場合に詐欺や犯罪に巻き込まれる可能性が高いです。

クレジットカード審査では運転免許証を提出する方が多いですが、たとえば免許証を偽造すると以下2つの罪に問われ逮捕されます。

  • 刑法第155条1項・2項:有印公文書偽造罪
  • 刑法第158条1項:偽造公文書行使罪

どちらも罰金刑の適用無しで、偽造が発覚した時点で牢屋に入れられる可能性大です。

カード審査はどうやって嘘を見抜いているか

鋭いたかの目
クレジットカード会社は審査でどうやって嘘を見抜いているのでしょうか?

クレジットカード審査では、基本的に収入証明書等を提出することはないので、完璧に嘘を調べる方法はありません。しかし、完璧ではないにしろ次のような方法で情報収集してある程度まで嘘かどうかを見抜くことは可能です。

  • 個人信用情報機関に照会をかけ過去の情報と整合性を確認
  • 一部上場企業なら会社の規模や平均年収などの情報をもとに確認
  • 職種や勤続年数と業界水準を比較する
  • 勤務先に在籍確認の電話をかける

個人信用情報機関に照会をかけ過去の情報と整合性を確認

嘘の情報を見抜ける確率がもっとも高い方法として挙げられるのが個人信用情報機関に照会するというもの。これまでクレジットカードやカードローン、その他の融資商品を利用したことがある人なら、個人信用情報機関に自分の信用情報が登録されていると考えたほうが良いでしょう。

個人信用情報機関の特徴としては以下の3つが挙げられます。

  • 融資関連商品の履歴が登録されている
  • 個人情報がすべて登録されている
  • 一定期間経過すると削除される

個人信用情報機関には、過去に利用した融資商品の情報がすべて登録されています。年収や勤務先、借入金額、返済状況、返済の遅延の有無などの個人情報も詳しく残っているのです。

クレジットカードやローンのように、お金を借りて後から返済する「信用取引」を行う金融機関等は、日本に3つある個人信用情報機関のうちいずれかに加盟することが義務付けられています。

各個人信用情報機は「CRIN(クリン)」という情報ネットワークで互いの情報を共有しており、そこにはクレジットカードやローンに申込した際に申告した本人識別情報も登録されています。本人識別情報には、勤務先名も登録されています。

【個人信用情報機関に照会して嘘を見抜く一例】

■2年前に契約したクレジットカード会社Aに申請した個人情報

・勤務先:株式会社A
・勤続年数:信用情報には登録なし

■今回新たにクレジットカード会社Bに、以下の内容で申し込む。

・勤務先目:株式会社B
・勤続年数:6年

2年前に勤めていた会社とは別の会社名で申し込みしてるのに「勤続年数6年」は明らかにおかしい。

このように、個人信用情報機関に登録されている情報から整合性を確認し嘘を見抜くこともできます。

一部上場企業なら会社の規模や平均年収などの情報をもとに確認

勤めている会社が一部上場企業なら、上場企業は平均年収や社員平均年齢といった情報を開示しているので、それらの情報と申告された年収や勤続年数に大きな食い違いがないかを確認します。

【上場企業の開示情報から嘘を見抜く一例】

■鈴木さんが勤務するAB株式会社の開示情報

・平均年収:600万円
・社員平均年齢:31歳

■鈴木さんがカード申し込みで申告した内容

・年収:1000万円
・年齢:24歳

開示されている情報を明らかにズレが有るため怪しまれる。

上記のように、勤めている会社があっていても、公開されている情報と明らかに違っていれば虚偽申告だと疑いの目で見られてしまうのは無理もありません。

職種や勤続年数と業界水準を比較する

中小企業に勤めている方の場合は、申告した職種や勤続年数と、業界の水準を比較して判断されることもあります。

ただし、企業によって年収はぜんぜん違うので、よほど高額な年収で申告していなければ、診査に影響する可能性は低いです。

嘘を見抜かれる一例としては、勤続年数2年で年収1000万円と申告した場合、業界水準だと勤続年数2年前後の平均年収は300万~400万円といったように、申告内容と業界水準の差があまりにも大きいと、疑いの目で見られ念入りに調査される可能場合があります。

勤務先に在籍確認の電話をかける

勤務先情報を嘘ついて申し込む方もいるため、クレジットカード審査では申込者が申告した勤務先に直接電話をかけて在籍しているかどうか確認します。これを在籍確認と言います。

ただ、一般的なクレジットカードでは在籍確認を行うところは少ないです。ステータス性の高いクレジットカードならば念入りに電話をかけて確認します。

勤務先の嘘をつけば在籍確認でバレます。バレた場合は、カード発行されないばかりか嘘の度合いによっては社内ブラックとして登録され、半永久的に同じ会社でクレジットカードを作ることができなくなる恐れもあります。

アリバイ会社を使って嘘をつく場合

電話している女性
クレジットカードの審査を受けるのにアリバイ会社を利用される方もいます。アリバイ会社とは、在籍確認の対応や電話転送などのサービスを行う会社で、実際にその会社で働いていない人を働いているかのように見せかけるサービスを提供しています。

結論を言えば、アリバイ会社は絶対に利用してはいけません。アリバイ会社を利用してクレジットカードに申し込むと、その時点で詐欺未遂罪が成立し、契約した場合は詐欺罪が成立します。

アリバイ会社とは?

先述したとおり、アリバイ会社はあたかもその会社に在籍しているかのように見せかけるサービスを提供している会社です。

具体的には、

  • 電話対応
  • 書類発行(給与明細書や在籍証明書)
  • 郵便物転送サービス
  • 保証人代行サービス

などのサービスがあります。代表的なサービスは電話対応です。

収入が不安定な人がアリバイ会社を利用している

あたかも働いているかのように装えるアリバイ会社ですが、主に利用しているのは収入が不安定な人です。

  • 自営業
  • 個人事業主
  • パート・アルバイト
  • 水商売
  • 無職または休職中

いずれも収入が不安定な職業であるためアリバイ会社をつかって安定収入があることを装いたいと考え、アリバイ会社を利用する傾向にあります。

アリバイ会社への登録は違法ではないがカード申し込み・契約はNG

アリバイ会社を利用するということは嘘をつくということです。しかし、アリバイ会社への登録すること自体は違法ではありません。

使い方次第で法に触れてしまいます。今回のことで言えば、クレジットカード審査を通過するためにアリバイ会社を利用して申し込みや契約した場合です。

  • 勤務先にアリバイ会社の情報を申告
  • アリバイ会社に在籍確認代行してもらう
  • アリバイ会社が発行した収入証明書等を提出する

上記の行為はいずれも詐欺未遂罪となり、契約した場合は詐欺罪が成立します。

詐欺罪・詐欺未遂罪の量刑は10年以下の懲役です。さらに、カード会社へ損害を追わせた場合は損害賠償請求される可能性もあります。

破産しても免責決定が下りない

アリバイ会社を利用してクレジットカード契約した場合、支払いが困難となり破産手続きしても支払いは免責にならない可能性があります。

特に、破産申し立てする前の1年間でアリバイ会社を利用した場合だと免責にならないと考えたほうがいいです。法律で定められており「破産申立より前の1年間で、嘘をついてお金を借りた場合、その借金は免責にならないとされている」のです。

個人情報流出の恐れあり

アリバイ会社に登録してから、闇金やマルチ商法の勧誘が頻繁に来るようになったというケースは珍しくありません。

アリバイ会社を利用したことで個人情報流出の被害に遭う可能性もあるのです。グレーゾーンに位置するサービスですから、そのような会社に登録すれば、個人情報が流出するのも納得がいきます。

クレジットカードを強制解約させられる

クレジットカード契約後にアリバイ会社の利用が発覚した場合は、強制解約させられます。

流れとしては、

  1. クレジットカードの利用停止
  2. 利用残高の一括返済の請求
  3. 強制解約

となるでしょう。

ブラックリスト入りで5年間はクレジットカードが作れなくなる

カード契約後にアリバイ会社の利用がバレた場合は強制解約になると説明しましたが、強制解約は金融事故の一種で個人信用情報機関に登録されます。事実上のブラックリスト入りとなってしまうのです。

ブラックリスト入りすると、金融事故の種類によりますが5年~10年間はクレジットカードを作れなくなったりローンを組めなくなったりしてしまいます。

クレジットカード一枚作るためについた嘘が、最終的に最悪の結末を迎えることにもなりかねないのです。絶対にアリバイ会社を利用するのは止めましょう。

どうやってアリバイ会社の利用がバレルの?

「どうしてアリバイ会社を利用していることがバレルの?」「本当はバレないんじゃないの?」と思っている方もいるかもしれませんが、クレジットカード会社も様々な対策をねっており、高確率でアリバイ会社の利用はバレます。

アリバイ会社の在籍確認は、「外出してます」「本日はお休みを頂いております」など何回電話しても同じ返答しかしません。その場合は、アリバイ会社を利用していると疑われます。

また、アリバイ会社は不特定多数の方が利用しているので、後からバレてしまう可能性も高いです。

例)

鈴木さんはアリバイ会社を利用して「ギソウモドキ株式会社」の社員としてAクレジットカードに申し込んで契約しました。

その後、佐藤さんが同じく「ギソウモドキ株式会社」の社員としてAローンにクレジットカードに申し込んだところ、結果は審査落ち。

Aクレジットカードの審査過程で、佐藤さんの「ギソウモドキ株式会社」がアリバイ会社だったことが判明したためです。

すでに契約している鈴木さんもアリバイ会社の利用がバレて、強制解約となります。

このように、クレジットカード契約したときにアリバイ会社の利用がバレなかったとしても、別の方が同じアリバイ会社を利用したことが発覚する可能性があるのです。

また、各クレジットカード会社はアリバイ会社について独自に情報収集して、どういった会社があるのか?特徴は?など豊富な知識を持っています。

審査に通りたい気持ちはわかりますが、そのために犯罪者になる必要はありません。アリバイ会社の利用は絶対避けましょう。

審査が通った後に嘘がバレた場合

クレジットカードは、申込み時だけ審査を行っているわけではありません。契約後でも、定期的に審査を行い、カードの利用状況、返済能力や信用力は変わっていないかを調べます。これを「途上与信」と言います。

この途上与信の結果、嘘で審査通過したことがバレた場合はカードの利用停止・未払金の一括請返済の求・強制解約となります。

中には、はじめからバレるのを覚悟で嘘で契約して、使うだけつかって強制解約されようと考える人も要るようですが、上記のように未払金を一括請求をされますし、これに応じなかった場合は法的措置を取られることもあります。

また、強制解約や一括返済の請求、法的措置を取られた場合も個人信用情報機関に金融事故情報が登録されブラックリスト入りとなります。

支払いが遅れたり延滞した場合もその事実は登録されますが、ブラックリスト入りの場合はより悪質な返済トラブルとして扱われるので、信用はガタ落ちです。迷惑をかけたカード会社だけでなく、他社のクレジットカード審査にも影響を及ぼし、ほぼ間違いなくクレジットカードは作れなくなります。

年収の低い人が作れるクレジットカード

クレジットカードを財布から出す
クレジットカード審査で嘘をつく理由は人それぞれですが、特に多いのが年収が低いケースです。単純に年収が低い=クレジットカード審査に通らないと考えて、年収やその他の項目に嘘を書いて申し込みしてしまう傾向があります。

確かに、クレジットカード審査では年収が高いほうが有利になる可能性はありますが、逆に年収が低いからと言ってそれだけの理由でクレジットカード審査に落ちるということはありません。

とは言え、年収が低い人にとってクレジットカード審査は不安なもの。

ここでは、年収の低い人が作れるクレジットカードをご紹介します。

年収100万円でもクレジットカード審査は通る!

年収100万円台でもクレジットカードを作ることは可能です。

クレジットカード審査では年収だけでなく、勤務先、居住状況、ローンの有無と金額、信用情報など、様々な要素を点数付けしてカード発行するかどうか総合的に判断します。

点数の基準や具体的な審査内容は公開されていませんが、クレジットカード審査では年収よりも個人の信用情報を重視する傾向が強いです。

そのため、年収が低いからと諦める必要はなく、はじめてクレジットカードに申し込む方や、すでにクレジットカードを持っていて延滞せず利用できている方なら審査通過の可能性は十分あります。

年収100万円の方のクレジットカード選びのポイント

年収100万円の方は、以下のポイントに注目してクレジットカード選びしましょう。

  • 年会費無料のカードを選ぶ
  • 若者向け・学生向けのカードを選ぶ
  • 専業主婦歓迎のカードを選ぶ

大前提として、年会費が無料もしくは安いクレジットカードを選ぶことが大切です。

若者や学生の方は、カード発行の対象が若い人向けとしているクレジットカードもあるので、そういったカードに申し込むことで審査通過の確率があがります。

専業主婦の方は、スーパーやデパートなどと提携する流通系のクレジットカードなど主婦をターゲットにしてクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

審査が不安な方はアコムACマスターカード

AC Master Card

年会費(税抜き) 無料
家族カード(税抜き) 発行なし
ETCカード年会費 発行なし
国際ブランド MasterCard
還元率 0.25%
申込資格 20歳~69歳までの安定収入のある方
旅行傷害保険(海外)
旅行傷害保険(国内)

消費者金融アコムが発行するクレジットカードです。

一般的なクレジットカードとは異なる基準で審査するので、パート・アルバイトなど年収が高くない方でも審査通過しやすい間口の広いカードとして人気です。

国際ブランドはMasterCardなので、世界中のMasterCard加盟店で利用可能で、使い勝手の良さも大きなメリットです。

消費者金融らしくカード発行は即日対応しているので、申し込んだその日のうちにカード受け取りも可能です。最寄りの無人契約機でカード受け取りしますが、夜間や土日祝日も営業しているので、仕事帰りに立ち寄ってカードを受け取ることも可能です。

ショッピングの利用分0.25%が自動でキャッシュバックされるのも魅力の一つ。

消費者金融系カードということもあり、キャッシングサービスは秀でていて海外でのキャッシングにも対応しています。海外旅行で現地通過を利用できるのもメリットと言えるでしょう。

パート・アルバイトでも安心のライフカード

Life Card

年会費(税抜き) 無料
家族カード(税抜き) 無料
ETCカード年会費 無料
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
還元率 0.5~1.5%
申込資格 高校生を除く18歳以上の方
旅行傷害保険(海外)
旅行傷害保険(国内)

消費者金融アイフルの子会社であるライフカード株式会社が発行するクレジットカードです。そのため、ライフカードは上記のACマスターカード同様に消費者金融系クレジットカードの部類に入ります。

ライフカードは年収100万円程度でも審査通過の実績が豊富で、申し込みしやすい基準が魅力です。

年会費は無料ですし、誕生月は還元率1.5%と高く3ヶ月間利用可能。優待も豊富と使い勝手が良いのもメリットです。

旅行保険付きカード希望ならVIASOカード

VIASO

年会費(税抜き) 無料
家族カード(税抜き) 無料、
ETCカード年会費 発行手数料1000円(税抜き)
国際ブランド MasterCard
還元率 0.5~1.0%
申込資格 ・高校生を除く18歳以上・本人に安定した継続的な収入のある方
旅行傷害保険(海外) 最高2000万円
旅行傷害保険(国内)

年会費無料だけと旅行保険付きのクレジットカードを希望するならVIASOカードがおすすめです。

同じく審査の間口が広いので、パート・アルバイトなど低年収の方でも作りやすい一枚です。

VIASOカードは、携帯電話料金やETC利用分のポイントが2倍と還元率が高い上に、VIASOeショップ経由で買い物すると、最大10%のボーナスポイントがもらえるお得感の強いクレジットカードです。

年会費無料のクレジットカードでも、傷害・疾病補償付きの海外旅行保険が付帯しているのも嬉しいところ。オンラインでの不正利用保険も備わっているので、ネットショッピングも安心して楽しめます。

楽天カードも低年収の方におすすめ

楽天カード

年会費(税抜き) 無料
家族カード(税抜き) 無料
ETCカード年会費 500円(税抜き)
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス
還元率 1.0~3.0%
申込資格 高校生を除く満18歳以上の方
旅行傷害保険(海外) 最高2000万円
旅行傷害保険(国内)

クレジットカードの中でも流通系カードは比較的審査に通りやすい傾向にあります。楽天カードも流通系カードに部類される一枚です。

楽天カードは、顧客獲得と集客に力を入れているため審査に通りやすいです。ポイント還元率はどこで利用しても1%、楽天市場なら3%となります。

ポイントカード機能も備わっており、加盟店で提示するだけでポイントを貯めることもできます。

1ポイント1円で加盟店で利用できる上に、楽天市場以外でもお得感のあるクレジットカードです。

憧れのアメックスブランドも年会費無料で発行可能となりましたので、ワンランク上の付帯サービスを利用したいという方にもおすすめです。

銀行系クレジットカードへの申込は控えよう

クレジットカードの中で特に厳しい審査をするのが銀行系クレジットカードです。

審査通過は100%無理というわけではありませんが、消費者金融系や流通系と比べると審査難易度は高くなります。ターゲットとする客層も全然違ってくるので、審査に不利になりやすいのです。

もし、銀行系クレジットカードで審査落ちすると、その後に他のクレジットカードに申し込んでも審査通過する確率は低くなってしまいます。

個人信用情報機関には、クレジットカードの申込み履歴は半年間残ってしまうので、一度でも審査落ちすると半年間はその情報が消えませんので審査に不利になってしまいます。

年収の低い人が審査に通過するコツ

高年収の人に比べれば、年収が低い人がクレジットカード審査を通過するのは厳しいのは事実です。しかし、審査通過のコツをきちんと押さえていれば、低年収でもクレジットカード審査を突破することはできます。

勤続年数が長いほど有利!一つの職場で長く勤めることも大切

クレジットカード審査では年収だけでなく勤続年数も対象となります。

たとえ、年収が高くなくても同じ職場に長く勤めているほど辞める可能性は低く今後も安定的に収入を得る可能性が高いと評価され、審査に有利になります。

勤続年数は年収をカバーできる項目ですから、勤続年数が短いと審査に不利になります。最低でも半年以上、できれば1年以上勤めてからクレジットカードに申し込むのが良いでしょう。

他社借入なし!遅延・延滞もなし

クレジットカード審査では、カード会社は個人信用情報機関に照会をかけて申込者の信用情報(クレヒスと言う)をチェックします。

信用情報には、これまでの借入状況が記録されていますが、申し込み時点で借り入れがあると審査通過は厳しくなります。収入に見合わない借り入れをしていれば審査通過は無理でしょう。

また、それ以上に注意したいのが支払いの遅延・延滞です。クレジットカードやローンの支払が遅れた場合も個人信用情報機関に登録されますが、この履歴があると一気に審査落ちの可能性が高くなってしまうのです。

ちなみに、クレジットカードの申込書には他社借入を記入する項目がありますが正直に記入しましょう。個人信用情報機関に照会すればすぐわかってしまうことなので、嘘をついたことで審査落ちになりますので注意してください。

在籍確認が確実にできるようにしておく

クレジットカードはカードローンほど在籍確認の電話がかかってくる確率は低いですが、それでも確実に在籍確認がないとはいい切れません。基本的には自分が勤める職場に在籍確認の電話がかかってくるものだと思ってください。

在籍確認は本人が電話応対できなくても、その職場に在籍していることが確認できれば問題ありません。ただし、電話応対した方が「そのような者は、当社におりません」と言われてしまうと、審査落ちになってしまいます。

自分以外の人、特に電話受付の人がどんな対応をするのか、これについてはきちんと確認しておいたほうがいいでしょう。不安であれば前もって電話受付の方に「自分宛てに電話がある」ことを伝えておくのも手です。

申し込みは1社ずつ行う

審査に不安な方が特に取りやすい行動の一つに、一度に複数のクレジットカードに申し込みする多重申込みというものです。

多重申込みは、複数のクレジットカードの支払を行うことになるので年収100万円程度では返済能力に問題ありと判断されてしまい、審査落ちの確率を高めてしまいます。

申し込みは必ず1社ずつ行うようにしましょう。

まとめ

以上、クレジットカード審査における嘘についてでした。

今回の解説をまとめると・・・

  • 審査で嘘がバレると否決になる可能性大
  • カード審査では嘘がバレる仕組みが整っている
  • アリバイ会社は詐欺未遂罪。・詐欺罪で損害賠償請求されることも
  • 契約後に嘘がバレた場合はカードの利用停止・未払金の一括請返済の求・強制解約
  • 審査が不安でも嘘をついてはいけない
  • 年収が低くてもクレジットカード審査に通ることは可能
  • 低年収の方は消費者金融系・流通系カードに絞って申し込むのがおすすめ

クレジットカード審査では高確率で嘘がバレます。カード会社としてはできる限りリスクの高い人にはカード発行したくないですから、少しでも正確な情報を得るために、個人信用情報機関に照会をかけたり在籍確認するなどして対策しています。

クレジットカードは嘘をつかないと審査に通らないほどハードルが高い者ではありません。特に年収が低いからという理由で嘘をつく人が多い傾向にありますが、低年収であっても選ぶクレジットカードさえ間違えなければ審査通過の可能性は十分あります。