クレジットカード審査

ピーチカードの審査の難易度や条件は?分かりやすく解説

Peach Card

ピーチカードとは、格安航空会社・Peach Aviation株式会社が提供するクレジットカードです。

航空会社が発行するクレジットカードだけあって旅行好きには手にしてほしいカードなのですが、果たしてピーチカードの審査難易度や審査基準はどうなっているのでしょう。

今回はそんなピーチカードの審査について詳しく紹介していきます。

ピーチカードの基本情報

それではまずピーチカードの基本情報からおさらいしていきましょう。
ピーチカードには以下のような2種類のカードを展開しています。

ピーチカード ベーシック

ピーチカード ベーシック
出典:https://www.flypeach.com/um/specials/peach_card/peach_credit_card

[年会費]
・初年度年会費無料
・JCBなら年会費永年無料
・2年目以降1,250円+税
(条件付きで年会費無料あり)
[国際ブランド]
JCB/VISA
[家族カード]
・初年度年会費無料
・2年目以降は400円+税
(条件付きで年会費無料)
[保険&補償]
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険
・年間100万円までのショッピング補償

ピーチカード プレミアム

ピーチカードプレミアム
出典:https://www.flypeach.com/um/specials/peach_card/peach_credit_card

[年会費]
・初年度は3,750円+税
・2年目以降は5,000円+税
[国際ブランド]
JCB/VISA
[家族カード]
・初年度は400円+税
・2年目以降は800円+税
[保険&補償]
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険
・年間100万円までのショッピング補償

ピーチカード ベーシックとピーチカード プレミアムでは国際ブランドがJCBおよびVISAの2種類が用意されています。

基本的には好みのブランドを選択すればいいのですがベーシックに関してはJCBを選択することで年会費を永年無料にできます。

逆にVISAだとなぜ年会費が発生するのか。
それはVISAのピーチカードシリーズを提供しているのが三井住友カード株式会社であるため、年会費など細かな条件が三井住友VISAカードに依存しているからですね。

なのでいずれのカードを選択する場合でもJCBかVISAかによって提供元が異なってくるので、準ずるルールにも多少の違いは生じてきますが基本的なカード情報は上記のとおりで、いずれのカードも保険や補償も充実しているので海外旅行者にとっては安心できる1枚です。

上記表だけを見るとベーシックとプレミアムに大きな違いは見られないでしょうが、プレミアムにアップグレードすることで会員限定の航空券セールの上限回数が増えたりなど、細かに優遇される点があることから差別化されています。

ピーチカードの審査基準

ピーチカードに申し込むにもまずはその審査基準を満たしていないことには始まりません。
ピーチカードの審査基準は下記のとおりです。

■満18歳以上の方(高校生は除く)
※未成年の方は親権者の同意が必要

上記のとおりピーチカードでは18歳以上(高校生以外)であれば誰でも申し込むことができます。

もちろん収入面は考慮されていないので18歳以上であれば大学生や専門学生、専業主婦(主夫)だって、申し込むことができるのでひとまずはクレジットカードを手にしたいという方には打ってつけです。

ピーチカードを使って海外旅行を満喫するユーザーの中には当然学生だっているわけなので、収入がないからカード発行ができないと諦める必要はないんです。

ピーチカードの審査難易度

クレジットカードには、銀行系・航空系・石油系・信販系・通信系・流通系・消費者金融系など、さまざまなジャンルに区分される訳ですがピーチカードはそのなかでも航空系に該当します。

さらにVISAの場合は三井住友カード株式会社の画面から申し込むことになるので、この場合は審査基準が銀行系と同等である可能性があると言っていいでしょう。

いずれにしてもクレジットカード業界でも審査難易度が高いとされる航空系以上の難易度があるということなので、それ以外のジャンルと比較すると審査難易度はやや高めに設定されています。

それでも先にも説明したように学生でも申し込めるカードですし、申込書の内容次第では収入の確認をパスして審査に通過することも可能なので「ピーチカード」=「審査難易度が高い」と神経質になることもないでしょう。

ピーチカードの審査に通りやすくするためのポイント

ポイント
ピーチカードの審査難易度について触れましたが少しでも審査難易度を下げたいですよね。
ここではそんなピーチカードの審査に通過しやすくなるポイントをいくつか紹介します。

キャッシング枠を利用しない

これは先の「ピーチカードの審査難易度」でも説明した「収入の確認をパス」に関係する内容です。

クレジットカードでは、ゴールドカード・プラチナカード・ブラックカードのようなステータスの高いカードでない限りは意外と収入面は考慮されず、収入証明書などの書類による厳重なチェックはないことが多いです。

なのでピーチカードも同様にクレヒスに傷があるなど例外なパターンは除いて、基本的には収入の確認はなく審査に通過することが可能です。

それでもキャッシング枠を設定してしまうと別問題。

クレジットカードの審査ではキャッシング枠の付帯に申し込むとそれにも審査が発生するのでなにかしらの収入状況の確認はある可能性があります。

同じキャッシング枠でも50万円以上で申請すると、どこのクレジットカード会社でも規定で収入証明書の提示を求めてきます。

逆にキャッシング枠が50万円未満であれば収入証明の確認がないことが多いですが、少しでも収入面で詰め寄られたときにバツが悪いと思う方は申込時にキャッシング枠をゼロにしておくことで審査時間の短縮になるだけでなく、審査通過率もアップさせることができます。

キャッシング枠はクレジットカードを発行してもらったあとでも変更は可能なので、取り急ぎでなければキャッシング枠は後回しにしておくのもアリですね。

自分の属性に合うレベルのカードを選択する

ピーチカードには、ピーチカード ベーシックとピーチカード プレミアムの2種類がありますよね。

この2種類のうち、どちらを選択するかによっても審査難易度は変わってくるんです。

いずれも審査基準は「満18歳以上の方(高校生は除く)」とされているので、学生や専業主婦でも申し込むことは可能ですがプレミアムを選択するとその審査の難易度は高くなります。

ベーシックでは初年度の年会費が無料に対して、プレミアムだと初年度から年会費3,750円+税が発生します。
そういった点からも審査難易度が高くなることは想像に難くないですが、難易度が上がることで収入状況へのチェックも厳しくなってきます。

クレジットカードは、申込書に自分の属性(職業/勤務先/年収/勤続年数など)を記載して、その属性内容をもとに審査時に点数化(スコアリング)して審査に通過できるかどうかを判断しています。

プレミアムになればその点数の基準はベーシックよりも厳しくなっていくので、もしあなたがプレミアムの審査に通過できない属性なのにプレミアムの審査に申し込んでいるなら通過することはまずないです。

それこそ学生や専業主婦が申し込む場合には、ベーシックを選択するのが無難です。
プレミアムに申し込む場合には、新卒1年目とかでもいいので安定継続収入がある状態で申し込んだ方がいいですね。

ピーチカードの審査時間

ピーチカードでは、審査の可否に関わらずメールにてその旨が送信されます。
ネットで申し込んでから最短翌日でその結果は通知され、自宅にカードが到着するのには約1週間程度の時間を要します。

ピーチカードで審査落ちしたときに作りたいクレジットカード

ここまでピーチカードの審査基準や難易度について紹介してきました。
先にも説明したように航空系以上に相当するカードなのでジャンルだけで見れば、審査難易度は高いカードに分類されますがそれでも学生でも使えるカードなのが魅力。

しかし、それでもピーチカードの審査に落ちてしまったという場合には、下記に他社のおすすめできるクレジットカードを紹介しておきますので参考にしてください。

楽天カード

楽天カード

年会費 無料
申込資格 18歳以上(高校生除く)
発行時間 最短即日
国際ブランド Mastercard/AMEX/VISA/JCB

【おすすめポイント】

  • 収入証明なしで学生でも申し込める!
  • 在籍確認がないケースも多々ある。
  • 新規入会&利用で高ポイント獲得!
  • とにかくポイントが貯まりやすい!

クレジットカード業界内でもシェア率が高く不動の人気を誇る楽天カード。
通信系に属するジャンルのカードなので審査も甘く、人を選ばない使用感の良さが高評価です。

ファミマTカード

ファミマTカード

年会費 無料
申込資格 18歳以上(高校生除く)
発行時間 2週間程度
国際ブランド JCB

【おすすめポイント】

  • 学生向けなクレジットカードだから審査も甘い!
  • Tポイントカード一体型でお得にポイントを貯められる!
  • FamiPayに唯一対応したクレジットカード

ファミリマートでお得にポイントが貯めれるコンビニ系列のクレジットカード。
流通系に属するカードで通信系の楽天カードと大差ない審査難易度の甘さです。

一時期は店頭で学生向けにカード作成のキャンペーンもおこなっていたくらいに、
学生でも申し込みしやすいカードですね。

ACマスターカード

acマスターカード

年会費 無料
申込資格 20歳以上
発行時間 最短30分
国際ブランド Mastercard

【おすすめポイント】

  • 最短30分審査&最短即日スピード発行!
  • パート・アルバイトでも申し込める審査の甘さ!
  • ショッピングリボの手数料が10.0%~14/6%(実質年率)と業界最安水準

上記2社をはじめ他社クレジットカードが全滅したときに頼りたいのがACマスタカード。
消費者金融のアコムが提供するカードなのでやや抵抗感のあるカードかもしれませんが、ジャンルだけで見れば業界内でもっとも審査難易度が甘い金融系に属しています。

まとめ

  • ピーチカードは2種類のタイプを用意している。
  • 審査基準は満18歳以上の方(高校生は除く)。
  • ジャンルが航空系に属することから審査難易度はやや高い。
  • 審査に通過しやすくするためにキャッシング枠は控えめに。
  • 審査に通過したいなら自分に合ったレベルのカードを選ぶ。
  • 審査結果の通知は最短翌日、カード発行には1週間程度かかる。

いかがでしたか? 今回はピーチカードについて紹介しました。
ピーチカードは、航空券セールだけでなく機内販売割引や空港店舗割引といった特典も用意しているので旅行好きなら1枚持っておいて損はないカードです。

カード入会時にはピーチポイントもプレゼントしています。