クレジットカード全般

審査なしで作れるクレジットカードがある?その作り方とは

デビットカード

審査なしで作れるクレジットカードはある?

クレジットカードが欲しいけど審査に通らない人にとっては、審査なしで作れるカードがあればうれしいですよね。

このページではその審査なしで作れるカードについて説明します。

クレジットカードには審査が必要

クレジットカード

結論から言うと審査がなしで作れるクレジットカードはありません。

クレジットカードは借金と同様なので審査が必要です。

例えば百貨店で1万円の洋服をクレジットカードで購入します。

購入者はその場で現金の支払うことはありません。

翌月クレジットカード会社から請求書が届き、約束した期日に請求額を支払います。

一時的にクレジットカード会社に建て替えてもらい後払いの仕組みになります。

クレジットカードは利用額に対して支払い能力があるか否かを審査されるのです。

定職が無い方やフリーターは定収入が無いので審査に通過しないと言われています。

そこで審査が無く発行されるクレジットカードがあると言えば、驚きの仕組みです。

繰り返しになりますが、クレジットカードの審査が必要な理由は返済能力の確認です。

クレジットカードの利用は「借金をする」ことになります。

キャッシングを行う以外ではクレジットカードで現金を作ることは出来ませんが、商品代金をカード会社が立て替えて支払っているので「カード会社にお金を借りている」ことには変わりはありません。

お金を貸すことは返してもらう必要がありますから、その返済をきちんと出来る人物・能力であるかどうかを調査しているのが「審査」です。

審査の条件は、定期的に収入を得る仕事に就いているか? 収入はどのくらいあるのか? 他社での借入は無いのか? 他社の借入があるとき返済は毎月行われているのか? になります。

上記の条件を満たさないと通常のクレジットカードは作ることができません。

審査なしで作れるデビットカード

デビットカード
審査無しで作れるカードの一つはデビットカードです。

クレジットカードは借金と同様ですので返済能力の有無の審査があります。

しかし、借金としてのクレジットカードではなく即時払い方式のデビットカードは審査がありません。

極端な例ですが銀行ATMカードで買物をして支払いをするとイメージすると分かり易いと思います。

デビットカードで支払いをしたときは、引き落としされる金融機関の指定口座から即時に支払う仕組みです。

デビットカードはクレジットカードの形式ですが銀行口座から即時決済される仕組みで、クレジットカードから立て替えてもらい翌月引き落としされる仕組みとは異なります。

最近は国際ブランドが搭載されていて世界中の加盟店で利用が可能になっており利用金額に応じてポイントが付与されるようになっています。

また、デビットカードは金融機関の指定口座の口座残高が利用限度額となるので、使い過ぎを抑制することができます。

さらにカード紛失による補償や不正利用されたときの補償制度が整備されています。

利用方法は通常のクレジットカードと同様ですが、大きな違いはクレジット(後払い)が出来ないと言う点だけです。

デビットカードのもう一つの特徴は15歳から保有できる国際ブランドカードであることです。

クレジットカードは満18歳以上で無いと保有出来ませんがデビットカードの場合は、15歳から保有が可能です。

国内・海外のVISAやJCBなど国際ブランド加盟店で利用することが出来ます。

ネットショッピングのクレジットカード決済が必要な場合でも、国際ブランド搭載のデビットがあれば通常のクレジットカードとして利用できます。

デビットカードを作る際には金融機関の引き落とし指定口座が必要です。

その口座に金額の残高が無いと利用ができません。

おすすめのデビットカード

三菱UFJデビットカード
出典:https://www.bk.mufg.jp/tsukau/debit/index.html

お勧めのデビットカードを紹介します。

お勧めは三菱UFJデビットカードです。

審査なしで発行できます。

高等学校の生徒から保有でき審査なしで発行できるカードです。

これから到来すると予想されるキャッシュレス対応が高等学校生から実践できます。

三菱UFJデビットカードはVISAまたはJCBどちらかの国際ブランドを選ぶことができます。

さらに、海外で急に現地通貨が必要になった場合ときに「VISA・PLUS」または「JCB・シーラス」マークがあるATMで、現地通貨を預金口座から引き出せます。

海外旅行好きの方には海外旅行保険・国内旅行傷害保険が付帯するJCBブランドがお勧めです。

JCBブランドは旅行保険の他にJCBプラザラウンジで旅行のサポート受けることができます。

さらに、アメリカ合衆国のハワイ州では三菱UFJデビットカードを提示するとバスが無料になるなどの特典があります。

また、JCBブランドは今話題のGoogle Payグーグルペイにカードを登録できるので手軽なスマートフォン決済が可能です。

Google Payグーグルペイを利用したときにもポイント還元されます。

審査なしで作れるプリペイドカード

プリペイドカード
出典:https://www.mastercard.co.jp/ja-jp/consumers/find-card-products/prepaid-card.html

プリペイド型クレジットカードも審査なしで保有することが可能です。

クレジットカードは審査なしで保有することが出来ませんが、前払い式のプリペイド型クレジットカードは審査なしで保有することが可能です。

プリペイド型クレジットカードは審査がないだけでなく、金融機関の引き落とし指定口座が不要なことが特徴です。

さらに、カードによる年齢制限がありません。

年齢制限があるカードでも、12歳以上または15歳以上など未成年で使用できるカードが大半を占めます。

審査なしで作れる家族カード

三井住友家族カード
出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/add/family/index.jsp

クレジットカードは家族カードも審査なしで作ることができます。

本カード会員の方が厳しい「審査」をパスして初めて発行されるカードの親子版です。

家族カードは本カード会員の方の承諾を得て会員の方が申請をすると、家族の方は「審査」なしでクレジットカードが発行されることになります。

家族カードは本会員カードの方の利用限度額を分けあいます。

家族カードの利用は、全て本会員の方に連絡されます。

本会員の方が延滞などでカード停止されると家族カードも停止になります。

上記の条件下で利用が可能となるので、本会員の方の状況に依存されます。

本会員の方に了承を得る必要があり利用状況が全て通知されますので、十分に家族間で話し合って利用することが大切です。

クレジットカードの審査の基準

審査がないカードを探している方、クレジットカードの審査に落ちてしまう人はクレジットカードの審査の基準についてまず確認してみましょう。

クレジットカードの審査に通るには

・申し込み者の審査の属性が審査の基準
・申し込み者が良いクレジットヒストリーを持っている

が必要です。

クレジットカードの審査の基準については「クレジットカードの審査基準と審査に通りやすくなるポイントを解説」こちらのページでまとめてあります。

クレジットカードを作るためには良いクレジットヒストリーが必ず必要になってきます。

クレジットヒストリーについては「クレジットヒストリー(クレヒス)とは?その重要性と影響」こちらでまとめていますので、確認してみてください。

また良いクレジットヒストリーの作り方については「クレヒス修行の方法と修行におすすめのカード」でまとめています。

まとめ

審査が不要なクレジットカードはデビットカード・プリペイド型クレジットカード・家族カードの3種類です。

上記以外のクレジットカードを作るときは必ず「審査」を通過することが必要です。

「審査」は返済能力の確認をします。

その「審査」は個人信用情報機関に照会してクレヒスを確認します。

良いクレヒスでないと「審査」落ちになります。