クレジットカード全般

クレジットヒストリー(クレヒス)とは?その重要性と影響

クレジットヒストリー

クレジットヒストリーとは、クレジットカードやローンを利用したときの履歴のことです。

クレジットカードやローンの審査について調べたことがある方なら、一度はクレヒスという言葉を耳にしたことがあるでしょう。

審査においてクレジットヒストリーは重要なものとなります。

今回は

  • クレジットヒストリーとは何なのか?
  • 審査との関わりについて
  • 良いクレヒスの作り方

などなど、クレジットヒストリーについて詳しく解説していきます。

クレジットヒストリーをきちんと理解し、審査通過できるクレヒス作りに役立ててください。

クレジットヒストリー(クレヒス)とは

クレジットヒストリーとは、クレジットカードやローンなど「信用による取引履歴」のことを言います。

正式には「信用情報」と言い、個人信用情報機関という特定の機関で登録・管理されています。

カード会社は個人信用情報機関に必ず加盟しており、審査において申込者にどの程度の信用力があるのかチェックするのに使用されます。

クレジットヒストリーを見ることで、その個人がこれまでクレジットカードやローンをどのように利用してきたか、現在も利用しているのかといったことがわかります。

クレジットヒストリーの内容次第で、クレジットカードが作れるかどうか決まると言っても過言ではありません。

また、クレジットカードだけでなく住宅ローンや自動車ローンなどの審査でもクレヒスはチェックされます。

マイホームや自動車を買いたいのにクレヒスが悪くて買えない・・・なんてこともあり得るわけです。

このように、クレヒスは私たちが生活していく上で決して無視できない重要な情報なのです。

クレヒスに登録されるのはクレジットカードだけではない

クレジットヒストリーに登録されるのは、クレジットカードの利用履歴だけではありません。

クレジットヒストリーには次のような信用取引が記録されます。

  • クレジットカード(ショッピング、キャッシング)
  • 各種ローン
  • ショッピングクレジット
  • カードローン
  • リース契約
  • 保証契約
  • スマホ端末の分割払い
  • 賃貸住宅の家賃の保証会社利用

たとえば、鈴木さんがAローンというローン商品を利用すれば、鈴木さんのクレヒスにはAローンに関する取引履歴が記録されます。

鈴木さんはAローンをいつ契約したのか、いくらの借入残高があるのか、きちんと返済できているのか、延滞していないかと言った情報をクレヒスを見ることで知ることができるのです。

クレヒスはどこにあるの?

クレヒスは個人信用情報機関という特定の機関が登録・管理しています。

日本には個人信用情報機関が3つ存在します。

  • CIC
  • JICC
  • 全国銀行個人信用情報センター

個人のクレヒスは個人信用情報機関に登録されており、カード会社が審査において申込者の信用情報をチェックするには、個人信用情報機関に照会をかけなければいけません。

そのためには、カード会社は個人信用情報機関に加盟する必要があり、いずれかの機関もしくは複数の機関に加盟しています。

クレヒスは、カード会社だけでなく個人でも見ることが可能です。

もちろん他人のクレヒスを見ることはできず、自分のクレヒスだけ見ることができます。

自分のクレヒスを見る方法については後述しているので、そちらを参照してください。

クレヒスの種類

クレヒスの種類は主に「申込情報」「クレジット情報」「利用記録」の3つで構成されています。

クレヒスの種類 主な情報
申込情報 • 本人識別情報
氏名、生年月日、郵便番号、電話番号など
• 申込み内容情報
商品名、契約予定額、支払予定回数など
クレジット情報 • 本人識別情報
氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、勤務先名、勤務先電話番号など
• 契約内容情報
契約日、種類、商品名、支払回数、契約額、契約終了予定日など
• 支払状況情報
残債額、請求額、入金額、入金履歴、延滞・破産(異動)の有無、異動発生日、延滞解消日など
• 割賦販売法に関わる情報
割賦残債額、年間請求予定額、遅延有無など
• 貸金業法対象商品の支払状況情報
確定日、貸付日、出金額、遅延の有無
利用記録 • 本人識別情報
氏名、生年月日、郵便番号、電話番号など
• 利用事実に関する情報
利用日、利用目的、利用会社名など

クレジットカードなどの審査において最も重要となるのがクレジット情報です。

クレジット情報の内容次第で審査結果が左右されます。

クレヒスはどのような影響があるか

クレヒスは、クレジットカードやローンなどの審査に影響します。

クレヒスには信用取引に関する履歴が記録されており、これを見ることで信用できる人間なのか判断されています。

クレヒスの内容次第で、審査に与える影響は違います。

クレヒスには「良いクレヒス」と「悪いクレヒス」があり、それぞれどのような影響を与えるのか解説します。

良いクレヒスとその影響

良いクレヒスとは、定期的にクレジットを利用していて支払いの遅延・延滞が一切ないクレヒスです。

ポイントは「定期的に利用していること」「支払いの遅延・延滞が一切ないこと」です。

遅延や延滞がないことはもちろんですが、クレジットカードなどを全く利用していない状態では良いクレヒスとは言えません。

金額の大小に関係なく、毎月継続してクレジットカード等を利用し、支払日に遅れず支払い続けることです。

良いクレヒスであれば、安定的に利益が見込める客とみなされ審査で有利になります。

悪いクレヒスとその影響

悪いクレヒスは2種類あります。

1.金融事故が記録されている
金融事故とは、支払いの遅延・延滞や債務整理するなど「約束どおりに支払いできなかった」という履歴のことです。
借りたお金をきちんと返していないことを証明する情報となり、信用力なしと判断されてしまいます。

2.クレヒスがない
これまで信用取引を一切してこなかった人も、悪いクレヒスと判断される可能性があります。
特に、30代以降でクレヒスが一切ないと「過去に金融事故を起こして、その履歴が消えた人なのかもしれない」と疑われてしまいます。

金融事故を起こすと、記録は5年間残りますが期間経過すれば金融事故の記録は消えます。
20代の若い世代であれば信用取引がなくても不自然ではないですが、30代で信用取引がないと逆に不審に思われてしまうのです。
カード会社などは、貸し倒れのリスクを避けたいので、クレヒスが悪い人は審査落ちする可能性が高いです。

ブラックリストとは

BLACKLIST

ブラックリストとは、クレヒスに金融事故が記録されている状態のことを言います。

実際にブラックリストというリストが存在し、そのリストに載るわけではありません。

支払いを長期間延滞したり、自己破産したりした場合にクレヒスに金融事故情報が記録され、この情報を「ブラック情報」や「ブラックリストに載る」と表現します。

ブラックリストに載るとどうなる?

ブラックリストに載ると、

  • クレジットカードを作れない
  • ローンが組めない

このようなことが起きます。

新規でクレジットカードを作ったりローンを組んだりすることができなくなりますが、それ以外に影響はありません。

就職で不利になる、勤務先や周囲に知られるといったことはありません。

ブラックリストに載る条件

ブラックリストに載る条件には次のようなものが挙げられます。

クレジットカード、ローン、スマホ端末代金の長期延滞

クレジットカードやローン、スマホ端末の分割払いなどを長期に渡り延滞するとブラックリストに載ります。
一般的に長期延滞の定義は「61日以上」または「3ヶ月以上」です。
そのため、仮に61日未満の延滞であれば、延滞の履歴は残りますが延滞している分の支払いが完了すればブラックリストに載りません。
ただし、カード会社などによってブラックリストに載せる基準は異なることもあるので、延滞はしないのが一番です。
ちなみに奨学金の長期延滞でもブラックリストに載ります。

クレジットカードの強制解約

クレジットカードの支払を長期延滞していると、カード会社側から強制的に解約させられることがあり、これを強制解約といいます。
その他にも、延滞はしていなくてもカード規約違反に当たる行為をした場合も強制解約させられます。
たとえば、クレジットカード現金化やショッピング枠現金化などです。

任意整理や自己破産などの債務整理をする

任意整理・個人再生・自己破産など法的な手続きにより、借金を減額もしくはゼロにする手段を総称して「債務整理」と言います。
債務整理した場合もブラックリストに載ります。
ただし「過払い金請求」はブラックリストに載りませんので、混合しないように注意してください。

ブラックリストの登録期間は?

ブラックリストに載ると永久に消えないわけではありません。

ブラックリストに載った原因と、登録される個人信用情報機関によって登録期間が異なります。

CIC JICC 全国銀行個人信用情報センター
61日常延滞 5年 1年 5年
3ヶ月以上延滞 5年 5年 5年
強制解約 登録なし 5年 5年
任意整理・個人再生 5年 5年 5年
自己破産 7年 5年 10年

原則として、ブラックリストは5年経過すれば消えます。

自己破産のみ最長で10年間残ります。

ブラックリストに載ったという情報が消えれば、クレジットカードを作ったりローンを組んだりすることができます。

ただ、クレヒスは何もない状態ですから、ブラックリストが消えた直後は審査に通りにくいということは覚えておきましょう。

クレヒスが全くない場合(スーパーホワイト)

スーパーホワイトとは、クレヒスに何の記録もない状態のことを言います。

クレヒスが真っ白であることからスーパーホワイトと呼ばれます。

審査に通らない状態をブラックといいますが、実はスーパーホワイトも審査に通るのが難しいです。

なぜスーパーホワイトは審査に通りにくいのか?

スーパーホワイトが審査に通りにくい理由は2つあります。

  • 貸したお金をきちんと返してくれるか?判断できない
  • 過去に金融事故を起こしているかもしれないと疑われる

カード会社等は、審査において申込者のクレヒスを見て「信用できる人間なのかどうか」見極めて審査の可否を決めると説明しました。

クレヒスを見ることで個人の信用度がわかるということです。

しかし、スーパーホワイトはクレヒスに何の情報も登録されていないので「貸したお金をきちんと返してくれるか?」がわからないので、審査に通りにくくなります。

そしてもう一つの理由が「過去に金融事故を起こしているかもしれない」と疑われることです。

金融事故を起こしても、一定期間経過すれば消えます。

審査する側としては、現金主義でクレジットカードを一切使ったことがない人なのか、過去に問題を起こしてブラックリスト入りしてその情報が消えた人なのか区別が付きません。

できるだけリスクは避けたいので、過去に問題を起こした人なのかもしれないと判断して審査する可能性が高く、その結果、審査落ちしてしまうのです。

良いクレヒスを作る方法とコツ

いいクレヒス
クレジットカードなどの審査に通るためには良いクレヒスを作ることが重要です。

では、どうすれば良いクレヒスを作れるのかコツをご紹介します。

良いクレヒスの作り方

良いクレヒスの作り方は決して難しいことではありません。
次の2つのことを継続すれば、自然と良いクレヒスに育ちます。

  • クレジットカードの利用代金を延滞しない
  • 定期的にクレジットカードを利用する

クレジットカードの利用代金の支払いが遅れると、クレヒスに「延滞履歴」が記録されます。

1日遅れで延滞履歴をつける会社もあれば、1週間以上遅れても延滞履歴を付けない会社もあるなど、基準は会社によって異なります。

ただ、各自にクレヒスを育てることを考えれば、1日たりとも支払い延滞はしないようにしましょう。

定期的にクレジットカードを利用して、利用代金をきちんと支払いすれば、クレヒスにはその事実は記録されます。

そうすることで、審査する人は「この人はカードを良く利用してくれるし支払いも遅れずきちんとしてくれる」と好印象を与え、信用力のある人と見られます。

電話代や光熱費など、毎月必ず支払うものをクレジットカードで引き落とすようにしておけば、特に意識することなくクレヒスを作ることができます。

スーパーホワイトの人が良いクレヒスを作るには

スーパーホワイトの人は、クレヒスを作るためのクレジットカードが持てないという問題があります。

そこでおすすめなのが、クレジットカード以外の方法でクレヒスを作ることです。

スマホ端末の分割払いや家電量販店のショッピングローンなどを使って分割払いしましょう。

これらは、クレジットカードよりも審査が厳しくないので、スーパーホワイトでも利用できる可能性が高いです。

クレヒスを確認する方法

自分のクレヒスは確認することができます。

審査になかなか通らないという人は、一度自分のクレヒスを確認してみましょう。

クレヒスの確認に必要なもの

クレヒスの確認に必要なものは、手続方法によって異なります。

•ネット・郵送の場合
信用情報開示申込書、本人確認書類、手数料
•窓口の場合
本人確認書類、手数料

クレヒスを確認する方法

個人信用情報機関に開示依頼すれば自分のクレヒスを確認できます。

開示方法は個人信用情報機関によって異なります。

個人信用情報機関 確認方法 必要なもの
CIC インターネット ・クレジット契約に使用した電話番号
・手数料1,000円
郵送 ・申込書
・本人確認書類
・ゆうちょ銀行発行の定額小為替証書1,000円
窓口 ・本人確認書類
・現金500円
JICC スマホ ・スマホアプリ
・手数料1,000円(クレジットカード、銀行振込、コンビニ支払い)
・本人確認書類
郵送 ・信用情報開示申請書
・クレジットカード決済申込用紙or定額小為替証書1,000円
・本人確認書類
窓口 ・本人確認書類
・現金500円
全国銀行個人信用情報センター 郵送 ・開示請求申込書
・ゆうちょ銀行発行の定額小為替証書1,000円
・本人確認書類

もっとも簡単なのはネットで開示申請する方法です。

クレヒスが記録されている資料はPDFで確認できます。

ただし、JICCの場合は、ネットで手続きしても資料は郵送で届くのですぐに見ることはできません。

クレヒスのどこを見ればよいの?

開示請求したクレヒスで見るべき項目は次の2つです。

支払状況

「お支払状況」欄の「返済状況」という項目を見ましょう。
返済状況の項目に「異動」と記載されている場合はブラックリスト入りしている状態です。
特に記載がなければ問題ありません。

入金状況

「入金状況」欄には、過去24ヶ月分の入金状況が記載されます。
記載されるマークの種類と意味は次のとおりです。

マークの種類 意味
請求どおり入金あり
P 請求額の一部入金あり
R お客以外からの入金
A お客の事情で約束日に入金なし
B お客の事情とは関係ない理由で入金なし
C 入金なし、原因不明
請求なし、入金なし
空欄 情報更新なし

$マークが並んでいる状態が一番良いクレヒスの状態です。

PやAが多いと審査に不利になります。

クレヒスを作るのにおすすめのカード3選

クレヒスを作るのにおすすめのクレジットカードを3枚ご紹介します。

すでにクレジットカードを持っている方は、新たにカードを作る必要はなく、今持っているカードでクレヒス作りを頑張ってください。

ここでは、はじめてクレジットカードを作る方向けのおすすめカードです。

アコムACマスターカード

acマスターカード
出典:https://www.acom.co.jp/lineup/credit/

消費者金融アコムが運営・発行するクレジットカードです。
クレジットカード会社ではなく、消費者金融の審査基準なので借り入れ審査に似た内容で審査されます。
審査が早く、現在の収入状況などを重視して発行の可否を決めるので、クレジットカード会社発行のカードで審査がダメだったと人でも、ACマスターカードなら作成できる可能性があります。

ライフカード

ライフカード
出典:http://www.lifecard.co.jp/

ACマスターカードと同じく消費者金融が運営・発行するクレジットカードです。

一般的なクレジットカードとは異なる審査基準で、過去のクレヒスよりも現在の収入状況などを重点的にチェックされます。

ブラックリスト入りしておらず安定収入があれば、カード発行は難しくありません。

楽天カード

楽天カード
出典:https://www.rakuten-card.co.jp/

主婦・学生も発行対象とする流通系クレジットカードです。

多くの人に自社のクレジットカードを使ってもらいたいと考えているので、審査通過率は高めの傾向です。

はじめての1枚としても取得ハードルは高くないのでおすすめです。

まとめ

今回は、クレジットヒストリー(クレヒス)について解説しました。

まとめると・・・

  • クレヒスとは信用取引の履歴のこと
  • クレヒスはクレジットの審査時に必ず参照される
  • 金融事故が記録されていると審査に通らない
  • スーパーホワイトも審査に不利
  • 良いクレヒスを作るには定期的にカード利用して遅延しないこと
  • 審査に通らないときは自分のクレヒスをチェックする

クレジットヒストリーは、生活していく上で欠かすことのできない重要な情報です。

クレジットカードやローンの審査では必ずチェックされますし、内容次第では審査通過が難しくなります。

長期的に問題なく返済できていれば、良いクレヒスが出来上がっていき審査で有利に働きます。

良いクレヒスを作るのは難しいことではありませんので、日々クレヒスを積み上げていきカード会社からの信用を得ましょう。