クレジットカード審査

楽天カードの審査基準は?概要や在籍確認などとあわせて解説

楽天カード

楽天カードは審査が甘いと言われることが多いですが、実際はどうなのでしょうか?中には無職でも作れたという口コミも見かけるほど、審査難易度は低いと言われています。

実際のところ、楽天カードの審査基準はどうなのか?気になっている方は多いでしょう。

楽天カードの審査基準を知り、自分が審査に通るかどうか知りたいのではないでしょうか?

今回は、楽天カードの審査に関して解説していきます。

楽天カードに申し込みを考えているけど審査が不安と思っている方はぜひ参考にしてください。

楽天カードの審査の難易度

Rakuten
 
楽天カードは年会費無料、流通系カードに属するクレジットカードという点から審査難易度はさほど高くないと言えます。

審査基準が公表されているわけではないですが、申込資格やカードが属する系統などの情報から審査難易度をある程度を推測することができます。

では、楽天カードの審査難易度についてもう少し詳しく見ていきましょう。

楽天カードの申し込み資格

楽天カードに申し込めるのは以下の条件を満たしている人です。

  • 高校生を除く満18歳以上

「たったこれだけ?」と思うかもしれませんが、楽天カードの申込資格は本当にこれだけです。もちろん、この条件をクリアしていれば誰でも審査通過できるわけではありませんが、多くの人がこの条件を満たしているはずですから、楽天カードは幅広い人を対象にカード発行していることがわかります。

夫に収入がある専業主婦、パート・アルバイト、学生、年金受給者と言った方たちも楽天カードに申込可能です。

注意点として、満18歳以上でも高校生は申込対象外となります。仮に家族カードでも高校生にはカード発行されません。

楽天カードの審査基準

クレジットカードは発行するカード会社によっていくつかの系統にわけられます。大まかに分けると以下の6つとなります。

  • 銀行系
  • 独立系
  • 交通系
  • 信販系
  • 流通系
  • 消費者金融系

この中で最も審査基準が厳しいのが銀行系です。

逆に審査基準が厳しくないのは流通系と消費者金融系です。特に流通系は、カード発行対象が主婦や学生など比較的属性が低い方を主要ターゲットにしていることから、審査難易度は低いです。

肝心の楽天カードは流通系カードに属します。そのため、審査通過はさほど難しいことではありません。

ただ、ネット上の掲示板などには楽天カードは審査が甘いなどという書き込みも多いですが、楽天カードを含めどのカード会社も審査基準は一切公開していませんので、100%審査に通るわけではありません。

楽天カードの場合、否決ではなく利用可能枠を最低限の額で発行する対応を取る場合もあります。利用可能枠が小さければカード会社の被害は最小限に抑えられるからです。

利用可能枠が低かったとしても、遅滞なくきちんと返済できていれば楽天カードから信用され利用可能枠を増枠することもできます。信用力が上がれば、楽天カードだけでなく、他のカード会社でもその情報が共有されるので他社クレジットカードの審査も通過しやすくなります。

そういった意味でも、楽天カードは信用力を高めるための最初の1枚として最適です。審査基準は決して難しくないので、たとえ利用可能枠が低かったとしても大事に使うようにしましょう。

楽天カードは主婦や学生も審査対象になる

楽天カードは学生や主婦など本人に収入がない人も審査対象としています。

通常、クレジットカードは申込本人に収入がないとカード発行の対象となりませんが、楽天カードの場合は同居家族に収入があれば、それが申し込み本人に収入があるとみなされるので審査対象となるのです。

また、年金受給者の場合は労働による収入はありませんが、公的年金は立派な収入とみなされるので収入があることに変わりはなく審査対象となります。

逆に、パート・アルバイトなど働いていなくて同一生計をともにする人がいない場合は完全な無収入となるので、楽天カード発行の対象外となります。

楽天カードが作れる人

以上の情報をまとめると、楽天カードは高校生と無職以外の人なら基本的に問題なく審査通過できる可能性があると言えます。

公務員や正社員はもちろんのこと、経営者や個人事業主、派遣社員やパート・アルバイト、専業主婦に学生などなど幅広くカード発行しています。

基本的に無職は楽天カードを作れませんが、これは場合によります。たとえば、働かなくてもいいぐらいお金を持っている方や利用代金を問題なく支払える貯金がある方、資産を持っている方は仮に無職だとしても楽天カードの審査に通る可能性があります。

楽天

引用:楽天カードより

上記は楽天カードの申込画面の一部を抜粋したものです。このように、「お勤めをされていない方」という選択項目があり、加えて「預貯金額」を入力する項目まで用意されています。

通常クレジットカードの申込み欄にはこのような項目は設けられていません。しかし、楽天カードなら預貯金額次第では無職でも審査に通る可能性があると推測できます。

楽天カードの申し込みと審査の流れ

楽天カードの申込と審査の流れは以下のとおりです。

  1. 申込
  2. 申込受付完了メール通知
  3. 審査
  4. 審査結果の通知(メール)
  5. カード発行(郵送)

楽天カードの申込はWEBで行います。入力項目は多めですが10分程度あればすべて入力できます。

申込用紙は正確かつ正直に入力することが審査通過の基本

ごく当たり前のことですが、申込用紙や申し込みフォームは正確かつ正直に入力してください。これこそが審査通過の基本です。

間違えやすい項目としては住所や電話番号などが挙げられますが、もし間違えた場合でもコールセンターに連絡すれば修正可能です

自動リボに要注意

楽天カードの申し込み手続きを行う際は、自動リボに注意してください。自動リボは、利用金額がリボの支払い指定額を超えてしまうと手数料を取られてしまいます。しかも、一括払いで支払いしても自動的にリボ払いになるのでいつの間にか多額のリボ手数料を取られることになってしまいます。

自動リボにすることで楽天ポイントをもらうことができますが、リボ払い手数料を払うことで逆に損してしまうことになりかねません。

申し込みに必要なもの

楽天カードの申込には「楽天会員ID・パスワード」が必要です。

申込時点でIDとパスワードを持っていなくても、カード申し込みと同時にIDの発行ができます。その場合は、申し込みページの「楽天会員出ない方」を選択してください。

カード受け取りに必要なもの

楽天カードは下記いずれかの方法で発送されてきます。

  • 佐川急便「受取人確認サポート」
  • 日本郵便「本人限定郵便」
  • 日本郵便「簡易書留」

発送方法は自動的に決まるので、選ぶことはできません。

佐川急便「受取人確認サポート」と日本郵便「本人限定郵便」の場合は、カード受け取りには本人確認書類の提示が必要です。

本人確認書類は、運転免許証、パスポート、在留カード、外国人登録証明書、マイナンバーカードのいずれかを用意してください。

楽天カードの審査で在籍確認電話はくる?

電話
 
楽天カードに申し込むうえで気になることの一つとして挙げられるのが在籍確認ではないでしょうか。

楽天カードの申込用紙には、自分が勤務する会社の情報を記入・入力しますが、楽天カードの審査担当者はそれが本当なのかどうか確かめるべく、申告された勤務先へ直接電話して在籍の有無を確かめます。

楽天カードは会員獲得に積極的なため、パートやアルバイト、主婦、学生の方でも在籍確認しないことが多々あります。

そのため、楽天カードに申し込んだけど職場に電話はかかってこなかったという人は少なくないです。しかし、それとは逆に在籍確認の電話があったという方もいます。

どういった場合に、楽天カードの審査で在籍確認が行われるのか確認しておきましょう。

申込内容に不備があった

申し込み書の記入内容の間違いがあると、在籍確認される場合があります。ただし、この場合は在籍確認の前に本人の携帯電話に連絡が入り申込内容について確認されることもあります。

記入ミスは審査落ちの原因にもなるので、申込内容を送信する前にかならず一度見直しておきましょう。

クレヒスが真っ白

これまでクレジットカードを作ったことがない、スマホを分割払いで購入したことがないという方は、クレヒスの記録は一切ない「スーパーホワイト」の状態であり、この場合も在籍確認が行われる可能性が高いです。

また、過去に債務整理している場合もスーパーホワイトになるので、クレジットカードの利用代金を支払う能力があるのかを確認するために勤務先へ電話します。

楽天カードに申し込むのが初めてクレジットカード申し込みの場合は在籍確認の電話は100%あると思ったほうが良いかもしれません。

返済を延滞している場合

クレジットカードの利用代金を延滞すると、その事実がクレヒスにきちんと記録されます。延滞の記録は2年間残るので、仮に現在進行系で延滞していなくても過去2年以内に延滞したことがある方は、在籍確認される可能性が高いです。

申込時とクレヒスが変わっている

すでにクレジットカードを持っている場合、そのカードと楽天カードの申し込み書に記入した勤務先等が違う場合は在籍確認される可能性大です。

クレジットカード契約すると、申込時に申告した勤務先情報はクレヒスに記録されますので、その情報が違っていればカード会社は確認しなければいけません。

たとえば、Aクレジットカードを作った時に勤めていた会社と楽天カードに申し込む時に勤めている会社が違えば、間違いなく今勤めている会社に在籍確認の電話がかかってくるでしょう。

楽天カードの審査・発行期間

楽天カードの審査時間は最短数分、カード受け取りは1週間~10日程度となります。

申し込み完了後1分程度で結果が出たという人も少なくないほど、スピード審査に力を入れています。

その一方で、1週間以上待っているのに審査結果の通知が来ないという人もいます。なかなか結果通知が来ないと審査落ちしたのでは?と不安になってしまいますね。

こんな人は審査が早い

楽天カードの審査が早い人は、コンピューターによる自動審査をクリアできた人です。

楽天カードの審査は、申し込み書に記入した各項目を点数つけして、その合計点で合否を決めるスコアリングシステムを採用しています。

基本的にスコアリング審査は、安定した収入が得られる職業(公務員や会社員)に就いている人が審査通過しやすいです。

こんな人は審査に時間がかかる

逆にコンピューターの自動審査をクリアできなかった人は審査に時間がかかります。これは、スコアリング審査をクリアできないと審査担当者による手動審査に切り替わるためです。

手動審査は細かくチェックされるうえに、営業時間内しか行われないので、結果が出るまでに時間がかかってしまいます。

  • 信用情報に問題がある
  • 30代以上でスーパーホワイト
  • キャッシング枠を希望した

信用情報に問題がある

楽天カードの審査の合否はスコアリングだけで決まるわけではありありません。

申込者の個人信用情報も合否の判断基準となります。個人信用情報は、クレジットカードやローンの利用履歴(申込、支払い、返済遅滞など)のことで、個人信用情報機関という第三者機関に登録・管理されています。

楽天カードは、加盟する個人信用情報機関に照会をかけて申込者の信用情報をチェックし、これまでに返済トラブルを起こしていないか、信用できる人間ナノカ確認します。

過去に返済遅滞や債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)をしたことがあるなどして信用情報に問題がある人は、コンピューターの自動審査をクリアできないので、手動審査が必要になり審査が長引きます。

30代以上でスーパーホワイト

傾向として、30代以上で信用情報に何の記録もない方は審査が長引く可能性が高いです。いわゆるスーパーホワイトというもので、これまでクレジットカードやローンなどを一切利用したことがなく信用情報に何の記録もない人のことを指します。

カード会社は、30過ぎても信用情報が真っ白だと、「過去に債務整理した経験があってクレジットカードが作れない人間なのではないか?」と疑いの目で見るため、審査に時間がかかります。

30代以上でスーパーホワイトだという人は、スマホの分割払いやショッピングローンを組むなどして信用情報にローンの利用履歴を作って、信用力があることをアピールできるようになってから楽天カードに申し込むことをおすすめします。

キャッシング枠を希望した

楽天カードにはキャッシング枠を付けることもできますが、ショッピング枠とは別の法律が適用され、それをもとに審査するので時間がかかります。

特に借り入れを考えていないなら、キャッシング枠を無理に付ける必要はないでしょう。

楽天カードの審査状況を確認する方法

楽天カードは以下の方法で審査状況とカード発行状況を確認することができます。

専用WEBサイトで確認する場合は「生年月日」「電話番号の下4桁」「カード申込受付ID」の3つが必要です。

カード申込受付IDがわからない場合は、楽天カードのコールセンターに電話して確認しましょう。コールセンターの電話番号は「0570-66-6910」となります。営業時間は9時30分~17時30分です。

楽天カードの審査に通るコツ

審査に通るコツはこちらの記事にまとめてあります。

参考にしてみてください

楽天カードの審査に落ちる人の特徴

審査に落ちる人の特徴はこちらの記事にまとめてあります。

参考にしてみてください

まとめ

以上、楽天カードの審査に関する情報をお届けしました。

  • 楽天カードは流通系に属するため審査難易度は低い
  • 何かしらの収入を得ている18歳以上(高校生を除く)であれば申込可能
  • 無職でも預貯金や資産があれば審査に通る可能性がある
  • クレヒスに問題があったり転職していると在籍確認される可能性が高い。
  • 審査は最短数分、1週間程度でカードが到着する
  • 自動審査をクリアできた人は審査が早く終わる
  • クレヒスなどに問題があると自動審査に落ちて手動審査となり時間がかかる

楽天カードの審査は難しくありませんが、延滞などでクレヒスに傷がついていると審査落ちの可能性が高くなります。意外と見落としがちなのがスマホの分割払いや奨学金の支払いの滞納です。これらの支払いもクレヒスとして記録されるため、延滞すればその事実が残り審査に不利になります。

いざ楽天カードを作ろうと思ったのに作れなかったとならないためにも、常日頃支払期限は厳守するようにしましょう。