クレジットカード全般

NHKの支払い滞納はクレジットカードの審査に影響があるか?

NHK

NHK受診料を支払っていると時にして滞納をしてしまう場面があるかもしれません。
滞納と聞くとクレジットカード審査やローン審査などに影響が出るのではないかと考えそうですが実際どうなのでしょう。

ここではNHKの支払い滞納はクレジットカードの審査に影響があるのかについて紹介しています。

NHK受信料の基本情報

それではNHKの支払い滞納とクレジットカード審査の関係性について説明する前にまずはNHK受診料の基本情報をおさらいしましょう。

現在のNHK受診料は下記のとおりです。

支払方法 2ヵ月払い 6ヵ月前払い 12ヵ月前払い
・口座振替
・クレジットカード
2520円 7190円 13990円
・振込用紙 2620円 7475円 14545円

※料金は消費税込み
※料金は2019年11月時点のもの

意外と支払い方法が豊富なNHK受診料。
もしかしたら前払いを知らなかった方もいるのではないでしょうか。

気になるのは12ヵ月前払いだと口座振替&クレジットカードと振込用紙で比較すると支払い金額に約600円の差があります。
一見すると口座振替かクレジットカードで支払ってしまいそうですがこれが後ほど説明する項目でも関係してきます。

NHKの支払い滞納によるクレジットカード審査時の影響

心配している女性
NHK受診料の基本情報について説明したところで本題のクレジットカード審査への影響ですね。

支払い滞納とクレジットカード審査の関係性を心配すると株式会社シー・アイ・シー(CIC)、
株式会社日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)といった個人信用情報機関に情報が登録されるのではないかと考えてしまうところでしょう。

ただこれに関して言えばNHK受診料の支払い滞納が個人信用情報機関に記録されることはないです。

言うなればNHK受診料は、電気・ガス・水道などと同様に公共料金に該当します。
公共料金はその会社が個人信用情報機関に加入していない限りは、こちら側にも支払いの遅延・延滞による影響はないです。

なのでクレジットカード審査およびその他手続きに影響することは一切ないので安心してください。

NHKの支払いをクレジットカード払いにしているなら要注意

上記ではNHKの支払いを滞納してもクレジットカードの審査に影響ないことを説明しました。
ただし、クレジットカード払いだけは例外なので注意してください。

どういうことかと言うとクレジットカード払いだとNHKの個人信用情報機関への加入の有無関係なく、クレジットカード会社は個人信用情報機関に登録しているのでカード会社経由で支払いの遅延・延滞状況が把握されます。

これはNHKだけに言えることではなく毎月の支払いをクレジットカードに設定している方は注意しましょう。
例えば、電気・ガス・水道をはじめ家賃・携帯・ネット代など生活に関するあらゆる支払いです。

クレジットカードによる引き落としはラクではあるのでついついやってしまいがちですが、生活費の支払いをクレジットカードに設定した結果、遅延・延滞を繰り返してブラックリスト入りしてしまった方もいます。

なのでクレジットカードでの支払いを忘れてしまいがちな方やお金の管理が苦手な方は払込用紙で支払うようにした方が賢明です。

信用情報機関に加盟するのはクレジットカード会社だけではない

会社
先にもNHK受診料は個人信用情報機関とは無関係であることを説明しました。

実際、個人信用情報機関に登録するような企業というのはクレジットカード会社や消費者金融のような金銭のやり取りが発生する場所が一般的です。

それでも例外はあって下記のような企業も個人信用情報機関に加入していたりします。

  • 株式会社NTTドコモ
  • KDDI株式会社
  • ソフトバンクモバイル株式会社
  • BMWジャパンファイナンス株式会社
  • メルセデス・ベンツ・ファイナンス株式会社

今回は身近で一番分かりやすそうな企業をピックアップしました。
前者3社は、我々国民が日常的にお世話になっている三大携帯会社、後者2社は自動車メーカーですね。

携帯会社に関して言えば、割賦販売にてお客さんに携帯を提供しているので納得でしょう。
割賦販売というのは、例で言うと2年契約することを条件に分割払いかつ毎月割引適用でスマホを購入できる状況のことです。
誰しもがスマホを分割払いや割引適用で購入している場合にはこの割賦販売を利用している場合がほとんど。

一方で、自動車メーカーに関して言えば「車という大きな買い物をする業界」なので、自動車会社が直々に個人信用情報機関に登録するパターンがあります。

その他には銀行も個人信用情報機関に登録していたりするので覚えておきましょう。。

総じて、大きなお金が動く企業や金銭的な契約をする企業は個人信用情報機関への加入が多いです。

まとめ

  • NHK受診料の滞納によるクレジットカード審査への影響はない。
  • 公共料金でもクレジットカード払いなら注意。
  • クレジットカード会社以外にも個人信用情報機関に加入している。

いかがだったでしょうか? NHK受診料は、冒頭でも口座振替やクレジットカードで12ヵ月前払いで支払うと約600円おトクであることは説明しました。

確かにこの600円という金額は大きいのですが目先の金額ばかりに囚われると、クレジットカード払いで滞納をしたときに思わぬ痛い目を見る事もあるので注意しましょう。