リクルートカードの審査の難易度はどれくらい?その基準を解説

リクルートカード


近年、キャッシュレス決済が加速しクレジットカードの使用が増えつつあると言えます。

多くの飲食店やスーパーなどでも、クレジットカード決済端末を用意していることからもうかがえます。

そこでこの記事では数あるクレジットカードの中でも「リクルートカード」について焦点を当てていき、このカードの審査の難易度はどれくらいになるのかについて説明していきます。

聞き慣れないカードのため、簡単な解説なども交えながら述べていきます。

リクルートカードの審査の難易度

難易度

リクルートカードの審査難易度はどのくらいになるのでしょうか。

カード名からはなかなか審査の難易度について想像するのは困難ですが、結論から言うと審査は難しくありません。その理由は3つあります。

まず、なぜ審査難易度が高くないと言えるかというと、まず応募資格が18歳以上からとなっているためです。

クレジットカードに入会する際に、入会資格はカード会社やカードの種類によっても異なりますが、18歳以上と記載されていると学生、特に大学生でも申し込みが可能になります。

したがって、大学生でも申し込めるカードと言うことで、審査難易度は高くないことがわかります。

また、審査難易度が甘い理由としてターゲット客層が20代に設定されていることです。

18歳以上向けのカードなので、若い人でも持つことができます。

18歳以上の方は大学生としてアルバイトをしている方や、そこまで勤続年数が多くなく働き始めの方も多数いることからもその様がうかがい知れます。

最高限度額が低く設定されている点も見逃せません。クレジットカードに入会すると毎月に利用できるご利用枠という物があります。

このカードは最低10万円、最高100万円となっているため利用枠はそこまで広くありません。

リクルートカードの基本情報

リクルートカードロゴ
出典:https://recruit-card.jp/

ここではリクルートカードの基本情報を紹介していきます。

リクルートカードとはカード名からも分かるとおり、リクルートが発行していると思われる方もいると思いますが実際は違います。

実際は三菱UFJニコスとJCBが発行しているカードです。

年会費は無料でポイントがたまりやすいカードとなっています。

ポイント還元率は1.20~3.20ポイントとなっています。たまるポイントはリクルートポイントと呼ばれる物で、ためたポイントは即時交換できます。

発行可能ブランドはVISA、マスターカード、JCB、銀聯カードの4種類となっています。

家族カードも発行が可能であり、支払い方法もカード払いだけでなく、アップルペイ、グーグルペイ、楽天ペイなども利用できます。

リクルートカードの申し込み資格

ここまで審査難易度、カードの基本情報を紹介してきたところでここでは申し込み資格について触れていきたいと思います。

申し込み資格として、上記では18歳と紹介しましたが、正確には18歳以上で安定した収入のある方が申し込めるカードとなっています。

安定収入がなくても大学生であれば申し込むことが可能です。

学生だけでなくカードを使うニーズがあれば主婦の方も申し込むことができます。

カード入会時に申し込み情報として配偶者に収入があるかという項目があるのでこちらにチェックを入れていただければ問題ありません。

リクルートカードの審査期間

曜日

クレジットカードを発行する上で見逃せないのがカードの審査期間、発行機関ですがこのリクルートカードは審査期間としてどのくらいの期間がかかるのでしょうか。

審査期間は申し込んで数時間から3日程度となります。

カード到着までに概ね1周程度でカードが届きます。クレジットカードを申し込んでも1ヶ月かかるカード会社もあったり、審査期間が長引いたりする会社もある一方で、このカードはすぐに手元にカードが届くので、大変便利なカードとなっています。

また、カードを少しでも早く自宅に届けるために「オンライン口座振替サービス」を申込時に完了しておくことをおすすめします。

この「オンライン口座振替サービス」は何かというと、引き落とし口座をインターネット上で登録いただけるサービスです。

通常ですと別の容姿が自宅に送られて手続きを進めなければいけませんが、このサービスを利用すると紙を削減できるだけでなく審査期間も短くすることができます。

カード会社にも引き落とし講座情報が瞬時に伝達されるので大変場便利です。

リクルートカードの審査で在籍確認はある?

リクルートのカードの在籍確認について紹介していきます。

結論として在籍の確認をされる可能性はあると言えます。

全ての方に当てはまるわけではありませんが、中には電話がかかってきて本人かどうか、勤務先に属しているかなど申込者の個人情報によっては在籍確認がある場合があります。

注意点として始めてクレジットカードに申し込んだ方や、個人情報機関と異なる情報があった場合在籍確認の電話が入可能性は大きいと言えます。

これに当てはまらない人はほぼ電話が入ることはないと言ってもいいでしょう。

クレジットカードを申し込む際は嘘の情報を入力せず、正しい情報を入力することをおすすめします。

リクルートカードの審査に通りやすくするコツ

ここではリクルートカードに申し込む方のために審査に通過しやすくなるこつを紹介していきます。いくつか方法は考えられますが、主にこの記事では4点紹介していきたいと思います。

まず、発行ブランドをVISAかマスターカードを選ぶという手段です。発行会社である三菱UFJニコスはJCBのカード発行には厳しい傾向があります。

次にキャッシングご利用枠を0で申し込む方法です。

キャッシングとはクレジットカード以外にも必要に応じてカード会社からお金を借りられるシステムです。

もちろん審査はありますが、審査が通れば大きいお金も借りることが可能です。

なぜキャッシング枠0がいいかというと、クレジットカード会社はカード保有者に踏み倒しをしてほしくないからです。

カードの支払いもできず、キャッシングの支払いもできずではカード会社は困ってしまいます。そこで極力カード利用枠でなんとか使っていただきたいという願いがカード会社の切実な考えです。

キャッシングを0にすることはカード会社に好まれるだけでなく、審査のハードルを低くすることにもなります。ぜひキャッシングは0で申し込むことを奨励します。

さらに良好なクレジットカードの利用歴を積むことも大切です。

このカード以外にもクレジットカードを持っている方がいれば、そのカードを延滞なく所定に日にきちんと支払うことです。例え少額決済でも延滞はマイナス評価となります。

所定の日にきちんと返していて、それが長い期間続くとこの人は安心してカードを持たせることができるとカード会社の方にも思われます。

クレジットカードであるが故に、遅れず返すことは当たり前ですが、これはとても重要なことだと言えます。

もし、引き落としがかからなかった、間違って別の口座に振り込んでしまったと言うときにはカード会社に電話を入れれば、適切な指示を出してくれます。

誤解のないようによくカード会社とコミュニケーションを図ることも大切です。

リクルートカードの作成の流れ

流れ

ここまで様々なことについて紹介してきましたが、カードを発行する中で気になる点がカードの作成の流れです。どのようにしてカードが届くのか事細かに解説していきます。

まずカードを作る前にリクルートidを作成しておく必要があります。

リクルートidはじゃらん、ホットペッパーグルメなどリクルートが運営しているサイト専用のidを示しています。

Idを作成するとカードを申し込むことが可能になるので、個人情報を入力していきます。

しばらくすると、メールでカードの審査結果が届きます。

審査結果は3~4日程度で分かるようになります。

審査に落ちた場合でも必ずメールが届くので、不安になることはありません。

最後に審査が通ると自宅にカードが送られてくる流れとなります。

他のクレジットカードと作成手順は何ら変わりませんが、このカードが他のカード会社と違う点として、「必ずリクルートidを事前に作成すること」が義務付けられている点です。

Idを発行しないとカードは申し込めないのでご注意ください。

リクルートカードの口コミ

ココでは最後にリクルートカードの口コミを紹介します。

皆さんが大変喜んでいる点として、お支払い方法が挙げられます。

カードを直接使うだけでなく、楽天ペイなど幅広く対応しているので学生のニーズにはぴったりです。 

年会費が無料の割にポイントがたくさん還元されている点も好まれているようです。

年会費が高くてもなかなかポイントがたまらないカードもある中で、このカードは年会費無料でたくさんポイントがたまる仕組みのカードとなっています。

ためたポイントもポンタポイントに交換できるので、得点が満載です。

まとめ

ここまでリクルートカードについてたくさんのことについて紹介してきました。
再度このカードをおさらいする意味で重要なポイントをピックアップします。

このカードの特徴として、

  • カードの審査難易度は難しくない
  • 学生でも申し込める
  • 審査期間が短い
  • 本人の在籍確認はほぼない
  • VISA、マスターカードを選択すると審査が通りやすい
  • リクルートidを事前に作ってからカード申し込み

などが挙げられます。どれも重要な事項です。

リクルートカードは年会費が無料ながら、発行機関が短くかつポイントもたくさんたまるので大変便利なクレジットカードとなっています。ためたポイントも利用者のリーズに応じて交換先がたくさんあるのも見逃せません。

 また、ツイッターではすぐにカードが届いた、年会費の割にポイントがたまりやすいなど好感的な感想が多く見受けられました。この記事を読んでリクルートカードに申し込む方が増えれば幸いです。