審査

クレジットカードの作り方

takebe

クレジットカードの3つの作り方

初めてでどこから何をしたらいいのかわからないクレジットカードの作り方ですが以外に簡単です。

オンライン申し込み

文字通りインターネット経由で作りたいカード会社のページに行き、定められた申し込みフォームに入力、送信するだけで完了します。
途中で入力した住所に身分証明書を送る必要がありますので郵送も必要となります。
またはネット上で身分証明書をデータとして提出することができるカード会社もございます。

郵送申し込み

記入用紙に記入し郵送で申し込みを行います。
審査結果は郵送で来ることがほとんどですが、一部電話もございます。

窓口で申し込み

カード会社の窓口から申し込みを行います。
百貨店などで多いケースですね。
項目の記入漏れやミスがないので楽です。

クレジットカード作成時に必要なもの

手に入れるのが大変なものはありません。
・ご自身の住所
・身分証明書(免許証、住基カード、パスポートなど)
・銀行口座
・銀行口座作成した際の印鑑
・(未成年者に限り保護者同意書)

クレジットカードの郵送は「転送不要」郵便で届けられるため、現住所を記入しましょう。

一般的なクレジットカード作成までの流れ

必要事項を漏れなく記入する。

必要事項は様々ですが、
・名前
・生年月日
・住所
・職業
・年収
・勤続年数
・家族構成
・居住年収
・居住形態
・電話番号
などがあります。

カード会社にて審査

記入した内容を元にカード会社が審査を行います。
記入情報のみならずその人個人の情報を個人信用情報機関から利用履歴(クレジットカードやローン)をチェックします。

電話確認

審査が通ると記入した電話番号に対して電話が来ます。
本人確認の際に生年月日で確認などを行います。
また本人同様に所属している会社に対しても電話をして本人在籍確認を行います。

カード郵送

すべての審査通過、電話で本人確認終了後にようやくカードが発行され郵送されます。
カード受領時に本人確認が必要になります。

キャッシング枠とショッピング枠について

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠がカードにはあります。
この中でキャッシング枠を多めに取りたいと考えている方は注意がございます。

キャッシング枠

キャッシング枠は簡単に説明すると「いつでも借りられるお金の金額」になります。
キャッシングしなければ利息など付くことはありません。
キャッシング枠を多くしようとすると審査が厳しくなるので、年収証明書などが必要になるケースがございます。

ショッピング枠

ショッピング枠はよくクレジットカードを使う際にお店で決済すると思いますが、その際の使える最大額のことです。
ショッピング枠は大体の場合50万や100万円までつけるのは問題ないです。
キャッシング枠を多くとるよりは枠を設けやすいです。

国際ブランドを選ぶ際の注意点

世界で利用できるブランドは、VISA、MasterCard、JCBが代表的なブランドです。

VISAとMaster Cardはアメリカに拠点を持つ世界トップシェアです。MasterCardはやや欧州よりなイメージですね。

JCBは国内ブランドです。日本国内であればトップシェアですが、国外ではやや使いずらい傾向です。

American Expressやダイナースクラブカードは年会費が高く且つ審査が厳しいため選ばない方がよいです。