クレジットカード審査

ETCカードの審査が甘い/通りやすいクレジットカードはどれ?

高速道路

クレジットカードを発行したらETCカードが欲しいという方もいるでしょう。
では、そのETCカードの審査難易度はどうなっているのでしょうか?
今回はそんな疑問で悩んでいる方向けにETCカードの審査が甘いクレジットカード会社を紹介します。

ETCカードの審査基準

まず勘違いしてはいけないのがETCカードには審査の基準はなく、審査そのものが存在しないということを覚えておきましょう。

言うなれば「ETCカードの審査」=「クレジットカードの審査」と考えることができ、クレジットカードの審査が通ってカードが発行できさえすれば、ETCカードも自動的に発行できる状態になるということです。

なのでETCカードが欲しい方は、クレジットカードの審査に申し込む段階で申込書にETCカード希望とチェックを入れておくか、クレジットカードを発行したのちにETCカード発行を申し込めばすぐにでも郵送手続きに移行します。

ETCカードの審査が甘いクレジットカード

ETCカードには審査がなくクレジットカードの審査に通れば、ETCカードも発行できることを説明しました。

では、ETCカードを発行するためにもできる限りクレジットカードの審査が甘い場所を選択したいところ。
ここではそんな審査が甘いおすすめのクレジットカードを紹介します。

楽天カード

楽天カード

年会費(クレジットカード) 無料
年会費(ETCカード) 550円(税込み)
申込資格 18歳以上(高校生除く)
発行時間 最短即日
国際ブランド Mastercard/AMEX/VISA/JCB

年会費無料でもトップシェアを誇る楽天カード。
人的審査ではなく機械審査でおこなっているため「安定した収入がある」という条件をクリアしつつ、クレヒスに傷があるなどあからさまな問題がなければ審査が通過しやすい1枚です。

ETCカードの年会費に関しては、楽天ゴールドカードか楽天プレミアムカードなら無料で発行可能。

ライフカード

ライフカード

年会費(クレジットカード) 無料
年会費(ETCカード) 無料
申込資格 18歳以上(高校生除く)
発行時間 最短3営業日
国際ブランド Mastercard/VISA/JCB

クレジットカードの審査に申し込む際に「お勤め先の状況欄」に「学生の方」という項目も用意されているほどに幅広い年齢層に対してカード発行をしやすくしている1枚です。

ETCカードの年会費も無料でありながら、100円ごとにポイントが貯まるので無駄なく利用できます。

出光カードまいどプラス

出光カードまいどプラス

年会費(クレジットカード) 無料
年会費(ETCカード) 無料
申込資格 18歳以上(高校生除く)
発行時間 2週間程度
国際ブランド Mastercard/AMEX/VISA/JCB

出光クレジット株式会社が提供するのが出光カードまいどプラス。
学生や専業主婦でも申し込めるほど敷居が低いにも関わらず、出光のガソリンスタンドでガソリン・軽油の給油代が2円/ℓ引きになるという特典付き。

カード入会後1ヵ月間はガソリン・軽油の給油代が5円/ℓ引きなのでさらにおトク。
ETCカードの年会費も無料でロードサービスを特別価格で利用できるサービスも付帯できます。

まさに車を利用する方にとって重宝する1枚です。

エネオスカードC

エネオスカードp

年会費(クレジットカード) 1250円(税抜)※初年度無料
年会費(ETCカード) 無料
申込資格 18歳以上(高校生除く)
発行時間 3~4週間程度
国際ブランド VISA/JCB

エネオスカードでは、利用金額に応じてガソリン・軽油の給油代がアップする制度を設けています。
7万円以上利用することで7円/ℓ引きを適用させることができるのですがさすがにそこまでは利用しないかもですね。

それでも現実的なところで2万円以上の利用でも4円/ℓ引きになるのでETCカードを使う頻度が高い方におすすめ。
ロードサービスやレンタカー優待、メンテナンス料金の割引など、車に関するおトクなサービスも付いてきます。

セゾンカードインターナショナル

セゾンカード

年会費(クレジットカード) 無料
年会費(ETCカード) 無料
申込資格 18歳以上(高校生除く)
発行時間 最短即日
国際ブランド Mastercard/VISA/JCB

セゾンカードインターナショナルは、年会費無料でクレジットカード発行が可能です。
さらにETCカードも発行費用および年会費無料で即日発行できるのですぐにでもETCカードを利用したい方におすすめ。

セゾンカードインターナショナルなら西友・LIVIN・サニーでの買い物が毎日3%OFF。
さらに毎月第1・第3土曜日だと5%OFFでよりおトクに買い物ができちゃいます。

ブラックの人でも作れるETCカード

ここまではクレジットカードの審査に通過することでETCカードを発行できる説明をしました。
でも、なかにはブラックリストに入ってしまってクレジットカードを持つことができない方もいらっしゃるでしょう。

しかし、まだ諦めないでください。
クレジットカード経由でETCカードを発行できなくてもETCカードを発行する方法はあります。

ETCパーソナルカード

あまり聞き覚えのない名前かもしれませんがNEXCO東/中/西日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社の6社が共同して発行するETCパーソナルカードがそれを可能にします。

ETCパーソナルカードは、通常のETCカードと同じように利用することができて、ETC割引特典を適用することができる優れもの。

初期費用で保証金(デポジット)20,000円が発生するデメリットはあるものの、クレジットカードの審査になかなか通らない方やブラックリストの方にはこれ以上ない便利な1枚です。

発行手続きにも時間は要するものの保証金さえ払えば審査という審査もないので誰でも作ることができます。

ETCカードの審査に通りやすくなるコツ

ポイント
冒頭でも説明したようにETCカードの審査自体は存在しないため、ETCカードの審査に通りやすいコツやポイントはありません。

ですがクレジットカードの審査に通ることはETCカードの審査に通ることと同義と置き換えることができるのでクレジットカードの審査に通るコツを覚えておきましょう。

キャッシング枠を少なくする

クレジットカードの審査に申し込む上では、キャッシング枠を設定する項目を記載しなければなりません。
とくに必要ないのであればキャッシング枠をゼロとしておけばいいのですが、少しでも枠が欲しいという方は審査に通過しやすくするためにも可能な限り枠を小さめに設定しましょう。

本当に少しだけ枠が欲しいなら10万円~20万円程度、どんだけ高く設定しても50万円を上回ることは止めましょう。
50万円以上だとキャッシング枠の審査として収入証明書が必要となりますのでそれが困る方は少額で申し込みましょう。

クレジットカードの多重申込はしない

短期間に複数のクレジットカードを申し込むと多重申込扱いとなってブラック状態になるので注意しましょう。
なぜブラック状態になるほど重い処罰を下されるのかという話ですが、短期間でクレジットカードを何枚も申し込むような人は「お金に困っている」「支払いにルーズな人間なのではないか」と勘繰られる場合があるからです。

仮にお金に困っていないのだとしてもポイントサイト経由で何枚もクレジットカードを発行するような人もいますので悪質なユーザーとみられる可能性も捨てきれません。

どっちにしてもETCカードの発行に到達するためにはクレジットカードの審査に通過することが絶対ですから、むやみやたらに複数のクレジットカードに申し込むことは止めておきましょう。

まとめ

  • ETCカード自体に審査は存在しない。
  • ETCカードが欲しいならクレジットカードの審査に通過すること。
  • ブラックの人にはETCパーソナルカードがおすすめ。
  • クレジットカードの審査にはキャッシング枠や多重申込に注意する。

いかがでしたか? ETCカードの審査について理解することはできましたか?
ETCカード自体に審査がないことは説明しましたが金銭に触れる部分ではあるので、どうしてもクレジットカードの審査に通過する必要性が発生します。

ブラックリスト入りしておらず一定の収入を得ているなら、ETCカードの発行に漕ぎ着くのは難しい話ではないので是非本記事でおすすめしたクレジットカードでETCカードを獲得してみてください。