クレジットカード全般

審査が甘いクレジットカード10選!おすすめはコレ【2019年版】

重なったクレジットカード

概要


クレジットカードを申し込む場合、審査がどれくらい厳しいのかはだれにとっても気になる点です。

同じ申し込みをするなら、少しでも審査が甘いクレジットカードを選びたいというのが本音でしょう。

その気持ちはよくわかるので、これから審査が甘いクレジットカードを10種類選別して紹介します。

審査が甘いクレジットカードの種類

審査が甘いクレジットカードの種類を見てみましょう。

ただ、審査が甘いという意味を正しく理解したうえでどれがいいか考える必要があります。

クレジットカードには必ず審査がある

審査が甘いクレジットカードを紹介する前に、クレジットカードには必ず審査があることを覚えておかなくてはいけません。

クレジットカードの利用では、利用代金をカード会社が立て替えして先に支払ってくれます。

つまり、事実上借金に相当するものなので、お金を貸すカード会社も誰にでもカードを発行するというわけにはいきません。

ある程度選別をしなければいけないので、審査があるというわけです。

審査が甘いとはどういうことなのか

クレジットカードによって、審査が甘いものもあれば厳しいものもあります。

では、甘い厳しいの差はどこにあるのかというと、年収などの属性(申し込み者の特徴のこと)を測る基準が一定以下でよければ甘いということになり、より高度な条件が指定されていれば厳しいということになります。

審査が甘いクレジットカードの系統

どんな系統のクレジットの審査が甘いのか確認してみましょう。

一口にクレジットカードといってもさまざまな会社が発行しています。

その会社の系統によって審査が甘かったり厳しかったりします。

では、どんな系統のクレジットカードの審査が甘いのかというと、ずばり流通系です。

流通系は、どの審査情報サイトを覗いても一番審査が甘めであると出ています。

したがって、もしクレジットカードの審査に通るのか不安なら、流通系を選ぶのがいいでしょう。

審査が甘いクレジットカード10選

審査が甘いクレジットカードを10種類選んでみます。

といっても、審査が甘いだけではなく、優れた特徴も兼ね備えています。

セディナカードJiyu!da!は年会費無料

セディナカード Jiyu!da!

年会費(初年度) 年会費(2年め以後) 審査発行期間
無料 無料 審査は最短即日、発行は3週間ほど後
還元率 利用可能枠(2年め以後) マイレージ還元率
0.5~1.5 利用実績によって50万円以上 JALマイルに交換する場合、1ポイント0.5マイル
ETC年会費 電子マネー 国際ブランド
無料 付帯なし VISA、MasterCard、JCB

セディナカードJiyu!da!はリボ払い専用カード

審査が甘いクレジットカードとして最初に紹介するセディナカードJiyu!da!はリボ払い専用カードです。

そのために他のクレジットカードよりも基準が緩やかになっているのです。

リボ払いということは毎月の支払額は一定になりますが、金利手数料分の負担があり、作成には二の足を踏む人もいます。

しかし、その点はセディナカード側でもわかっているので、いくつかの特典を用意して利用者を募っています。

セディナカードJiyu!da!の特徴

・支払額を毎月5000円以上5000円単位で指定できる

・リボ払いなのに初回手数料無料

・一部の店舗(ダイエー、イオン、セブン-イレブンなど)での利用ではわくわくポイントが3倍

・入会特典がすごい!

最大1万円相当のプレゼントがある

・マルエツ・マルエツ プチ・リンコスでは特定日曜日に限って5%割引

セディナカードJiyu!da!の審査基準はどうなっているか

セディナカードJiyu!da!の申し込み基準は、満18歳以上で電話連絡ができる人です。

それ以外には安定した収入があることが条件ですが、専業主婦でも配偶者に一定の収入があれば審査に受かる場合があります。

これまでのクレヒスに問題がなく、信用情報がきれいならば、審査通過率は高いです。

セディナカードJiyu!da!の口コミ

楽天カードは還元率が高い

楽天カード

年会費(初年度) 年会費(2年め以後) 審査発行期間
無料 無料 審査最短即日、発行1週間ほど
還元率 利用可能枠(2年め以後) マイレージ還元率
1% 最大100万円 楽天スパーポイント2ポイントが1ANAマイルに
ETC年会費 電子マネー 国際ブランド
540円(税込) 楽天Edy搭載 VISA、JCB、MasterCard、アメックス

楽天カードの概要

楽天カードは楽天サービスの利用でポイントがよく貯まります。

楽天市場をはじめ楽天サービスに日ごろからお世話になっているのなら、絶対に作成をしておくべきカードです。

そのほか、券面デザインも豊富に用意されていて、使う人の立場によってお好きなものが選べます。

年会費が永年無料な点も利用しやすいところです。

楽天カードにどんな特徴があるのか

・クレジットカードと電子マネーの楽天Edyと楽天ポイントカードの3つの役割があるカード

・どの機能でも支払いができる

・楽天市場や楽天カードポイント加盟店ではポイント最大3倍

・カード盗難保険やネット不正あんしん制度などが付いていてセキュリティも万全

楽天カードの審査

楽天カードの審査はそれほど厳しくないといわれています。

専業主婦、パート、アルバイト、年金生活者でも作成ができます。

申し込み基準が18歳以上となっているので、本人が仕事しているか配偶者または親権者に収入があれば審査に通る可能性は高いです。

クレヒスが0の人、いわゆるホワイトの人でも審査に通る場合があります。

楽天カードの口コミ

スマート審査のライフカード(有料版)

ライフカード

年会費(初年度) 年会費(2年め以後) 審査発行期間
5000円(税別) 5000円(税別) 審査期間は1~4日、発行期間は3~7日
還元率 利用可能枠(2年め以後) マイレージ還元率
0.5% ショッピング枠は10~30万円、ライフカードから案内があれば増枠もあり、キャッシング枠はなし 1ポイント(5円相当)が2.5ANAマイルに
ETC年会費 電子マネー 国際ブランド
無料 iD付帯 MasterCard

ライフカード(有料版)の概要

ライフカードには無料版と有料版がありますが、有料版が特におすすめできるのは審査に通りやすいところです。

無料版も審査という点では比較的甘いのですが、それ以上に有料版は審査通過率が高いです。

公式サイトでも審査が不安な人を対象にしていることを謳っています。

ライフカード(有料版)の特徴

・無料版と同じ券面

・初年度ポイント1.5倍、誕生月は3倍などポイントがザクザク貯まる

・初年度の年会費は代金引換である点が特徴

ライフカード(有料版)の審査基準

ライフカード(有料版)の公式サイトを覗くと、スマート審査だと出ていますが、独自の審査基準で審査通過に自信のない人を誘っています。

信用情報機関に異動情報が登録されていたり、支払いの延滞記録が過去にあったりしても、審査に通過する場合もあるようです。

ライフカード(有料版)の口コミ

_

最短即日発行のエポスカード

エポスカード

年会費(初年度) 年会費(2年め以後) 審査発行期間
無料 無料 最短即日
還元率 利用可能枠(2年め以後) マイレージ還元率
0.5~1.25% 審査によって決まる 1000ポイントが500JALマイルかANAマイルに
ETC年会費 電子マネー 国際ブランド
無料 付帯なし VISA

エポスカードの概要

エポスカードは、全国1万店舗以上(実店舗も通販サイトも含む)で優待特典が受けられるお得なカードです。

また、お得なだけでなく、受け取りが最短即日でできるというメリットも併せ持っています。

審査も比較的緩く、専業主婦でもカードを持てる場合があります。

エポスカードの特徴

・マルイやモディでは10%割引になる日も

・年会費が無料なのに自動付帯の海外旅行傷害保険が付いている優れたカード

・提携店ではポイントがどんどん貯まる

エポスカードの申し込み審査基準

エポスカードの申し込み基準は、安定した収入がある20歳以上の人か18歳以上の人となっています。

専業主婦にも申し込み欄が用意されていて、収入がなくても配偶者の収入が十分なら審査に通る可能性があります。

エポスカードの口コミ

アメックス・グリーンカードも審査は甘い

アメックス・グリーンカード

年会費(初年度) 年会費(2年め以後) 審査発行期間
12,000円(税別) 12,000円(税別) 審査は早い人で1~3日、発行は5日くらいですが、もっと遅くなる場合も
還元率 利用可能枠(2年め以後) マイレージ還元率
0.3% 制限なし メンバーシップ・リワード・プラスに登録済みの人は1000ポイントが1000ANAマイル、登録していない人は2000ポイントが1000マイル
ETC年会費 電子マネー 国際ブランド
無料 搭載なし アメックス

アメックス・グリーンカードの概要

アメックス・グリーンカードは審査に通りやすい割には、ステータス性が高く、所有する意味が大きいカードです。

さすがにステータス性が高いだけにアメックス・グリーンカードには特典も多く、高い年会費を支払うだけの価値があります。

アメックス・グリーンカードの特徴

・限度額に制限がなく、高額商品の購入も可能

・国内外の空港ラウンジを同伴者1名含め、無料で利用できる

・プライオリティパスの年会費が不要

・空港・旅行などの特典が盛りだくさん

意外に審査基準が緩いアメックス・グリーンカード

アメックス・グリーンカードの審査では、今を見てくれます。

どういうことかというと、過去に信用情報機関に異動情報が登録された人でも審査に通してくれる場合があるのです。

また、過去だけではなく現在借入残高があっても(額にもよるが)、OKとしてくれる場合もあります。

ただし、パート・アルバイトではだめで、年収は300万円以上が最低条件です。

アメックス・グリーンカードの口コミ

Yahoo! JAPANカードも審査はゆるめ

ヤフージャパンカード

年会費(初年度) 年会費(2年め以後) 審査発行期間
無料 無料 審査は最短2分だが、発行までは7~10日
還元率 利用可能枠(2年め以後) マイレージ還元率
1.0~3.0% 審査によって増枠も 1ポイントが0.5ANAマイルに
ETC年会費 電子マネー 国際ブランド
500円(税別) 付帯なし VISA、MasterCard、JCB

Yahoo! JAPANカードの概要

Yahoo! JAPANカードの利用ではTポイントが貯まりますが、Tポイントは他社ポイントだけでなく現金にも交換できて使いやすいです。

また、Yahoo! JAPANカードでYahoo! ショッピングを利用してもお得にポイントが貯まります。

そんなYahoo! JAPANカードは審査が早いという特徴があり、その審査にわずか2分で通過した人もいます。

Yahoo! JAPANカードの特徴

・Yahoo! ショッピングの利用では還元率が3倍に

・プラチナ補償(月額490円・税別)で11ものトラブルに補償がされる

・カードで購入した商品は中古でも補償

・JCBとMasterCardブランドの場合は、nanacoチャージでポイント付与

Yahoo! JAPANカードの審査基準

Yahoo! JAPANカードはYahoo! IDを持ち、Tポイント会員になった18歳以上の人が作成できますが、これ自体は特に厳しい条件ではありません。

また、専業主婦、パート、アルバイトでも作成は可能で、審査基準はかなり緩くなっています。

Yahoo! JAPANカードの口コミ

イオンカード(WAON一体型)は女性におすすめ

イオンカード

年会費(初年度) 年会費(2年め以後) 審査発行期間
無料 無料 審査は最短即日、発行には10日ほどかかる
還元率 利用可能枠(2年め以後) マイレージ還元率
0.5~1.33% 審査によって最高100万円まで 1000ポイントが500JMBマイルに
ETC年会費 電子マネー 国際ブランド
無料 WAON、イオンiD VISA、MasterCard、JCB

お得なイオンカード(WAON一体型)

イオンカード(WAON一体型)は、ポイント特典や割引特典の多いカードです。

年会費が無料でありながらもいくつも特典が付帯しているので、カード所有のメリットは大きいです(特にイオングループをよく使う人には)。

また、現金での買い物でもWAONポイントが付くところが少し変わっている点でもあります。

イオンカード(WAON一体型)の特徴

・イオンなどの店舗ではクレジットカードかWAONの利用で5%割引

・55歳以上の人は毎月15日に5%割引

・毎月10日はポイント2倍

・ただし、イオングループ以外で使う場合はメリットが少ない

主婦層には審査が甘いイオンカード(WAON一体型)

イオンカード(WAON一体型)は、主にイオングループをよく使う主婦層を狙ったカードです。

そのため、主婦層に対してはやや審査の基準が甘めで、収入がない専業主婦でも審査に通りやすいです。

もちろん、18歳以上で電話連絡が可能な人ならだれでも申し込みができるので、パート、アルバイト、学生(高校生は不可)でもカードの利用は可能です。

イオンカード(WAON一体型)の口コミ

学生なら学生専用ライフカード

ライフカード

年会費(初年度) 年会費(2年め以後) 審査発行期間
無料 無料 審査期間は最短即日、発行までは最短3日間
還元率 利用可能枠(2年め以後) マイレージ還元率
0.5% 収入が多ければ30万円に 1ポイントが3ANAマイルへ
ETC年会費 電子マネー 国際ブランド
無料 ライフカードiD VISA、MasterCard、JCB

学生専用ライフカードの概要

学生専用ライフカードは、18歳以上25歳以下の学生が申し込めるカード(高校生は不可)で、学生が大変利用しやすくなっています。

もちろん、年会費は無料で、学生にとってお得な特典がいくつも用意されています。

まずは、一般カードへの前段階として学生用ライフカードを作っておくのも悪くありません。

海外旅行をする学生には学生用ライフカードがおすすめ

・海外ショッピング利用で5%のキャッシュバック

・最高2000万円まで補償がされる海外旅行傷害保険付き

・年間利用額が増えるとポイント倍率アップ

学生専用ライフカードの申し込み基準

学生用ライフカードは、学生という名称が付いていることからもわかるように、18歳以上25歳以下の在学中の学生(高校生以外)ならだれでも申し込めます。

しかも、年収条件などは特に示されてはいないので、アルバイトなどの収入が少なくても審査に通る可能性があります。

学生が一般カードに申し込む場合は審査に通りにくいことがありますが、学生専用のカードなら敷居は低いです。

学生専用ライフカードに寄せられている口コミ

ポイント還元率で選ぶならリクルートカード

リクルートカード

年会費(初年度) 年会費(2年め以後) 審査発行期間
無料 無料 審査は2、3日、発行は1~2週間
還元率 利用可能枠(2年め以後) マイレージ還元率
1.2% 最大100万円程度 直接マイルへは交換できない
ETC年会費 電子マネー 国際ブランド
無料 付帯なし VISA、MasterCard、JCB

リクルートカードの概要

リクルートカードはポイント還元率が高いことで知られていますが、その率は1.2%です。

クレジットカードの還元率は高くても1.0%くらいなので、それよりも上です。

ただし、リクルートカードの利用で貯まるリクルートポイントは使い道が少ないですが、Pontaポイントに交換すれば応用範囲が広がります。

リクルートカードの特徴

・どこで使ってもポイント還元率は1.2%

・旅行損害保険は利用付帯で最大2000万円の補償

・電子マネーチャージでポイントが付く(国際ブランドによって対象が違う)

リクルートカードは20代の人が狙い目

リクルートカードの申し込み基準は、本人か配偶者に安定した収入があることです。

したがって、収入さえあれば、雇用形態は問われません。

また、リクルートカードを申し込む人は「じゃらん」や「ホットペッパーグルメ」などのリクルートサービスを利用している場合があり、その多くは20代の人です。

20代ということは収入もそれほど多くなく、勤続年数も短い傾向にあります。

そのような人に比較的よく発行されるリクルートカードは審査基準が甘めであると言えます。

リクルートカードのtwitterの口コミ

セゾンカードインタ~ナショナルは永久不滅ポイントが魅力

セゾンカード

年会費(初年度) 年会費(2年め以後) 審査発行期間
無料 無料 最短即日審査即日発行
還元率 利用可能枠(2年め以後) マイレージ還元率
0.5% 150~200万円も可能 1ポイントが2.5JALマイルに、3ANAマイルにそれぞれ交換
ETC年会費 電子マネー 国際ブランド
無料 付帯なし VISA、MasterCard、JCB

セゾンカードインターナショナルの概要

セゾンカードインターナショナルと言えば、永久不滅ポイントで有名ですが、貯まったポイントはいつまでも使えて便利です。

ただし、ポイント還元率は0.5%とそれほど高いわけではありません。

しかし、セブンイレブンやイトーヨーカドーではその還元率が3倍に上がります。

こうして貯まった永久不滅ポイントは使い道も多く、他社ポイントやマイル、商品券、商品などいろいろなものに交換できます。

セゾンカードインターナショナルの特徴

・西友・リヴィン・サニーでは、第1と第3土曜日に商品が5%割引になるサービスがある

・セゾンポイントモールの利用でポイントの二重取り

・人気チケットの先行予約や割引特典が受けられる

セゾンカードインターナショナルの審査は甘いのか厳しいのか

セゾンカードインターナショナルの申し込み基準は、ただ18歳以上となっています(決済口座は指定の金融機関にしなければいけない)。

ほかに、条件は指定されていないので、この点からいっても審査に通過しやすそうです。

ということは、収入などについてもそれほど悪くなければ審査通過の可能性があるということです。

セゾンカードインターナショナルの口コミ

クレジットカード審査でチェックされる項目

クレジットカードの審査でさまざまな項目をチェックします。

そのチェック項目を総合的に判断して、カード会社はカード発行の是非を決めています。

申し込み欄の記入漏れに注意

クレジットカードを申し込んだことがある人はおわかりでしょうが、申し込み欄にはさまざまなことを記入します。

住所や氏名などの基本情報から、職業、勤め先、年収,勤続年数、役職、家族形態、居住形態、他社借入額などいちいち記入するのは大変ですが、省くわけにはいきません。

これらの情報をもとにカード会社はクレジットカードを発行すべきか、利用可能枠をいくらにすべきかを決めています。

審査では属性のほか信用情報やクレヒスのチェックも

クレジットカードの審査では、申し込み内容に基づいて属性チェックをしますが、そのほかに信用情報やクレヒスの確認も行います。

もし信用情報機関に異動情報(債務整理や返済延滞などの情報)が登録されていると、5~10年間は新規のクレジットカードを作れないばかりか、更新時にも悪影響があります。

また、過去のクレジットカードの利用実績(クレヒス)も重要なチェックポイントで、これまでに一度もクレジットカードを使ったことがない人(若い人は別)は、審査に通りにくいです。

審査で注意する点はどこ

クレジットカードの審査を受ける場合、いくつか注意点があります。

その中には、これだけはどうしても押さえておきたいという注意点があるので、詳しく見てみましょう。

まず、同時に多数の申し込みをしてはいけません。

もしそのようなことをすると、すぐにその情報は信用情報機関を介してばれてしまい、よほどクレジットカードによる立て替え払いをしてもらいたくて困っているのだなとカード会社も思います。

そうなれば、カード会社も審査に通したくなくなります。

また、クレジットカードをすでに多数所有している人はあまり欲張らないほうがいいです・

この情報もすぐにわかるので、カード会社もカード発行に二の足を踏みます。

もうひとつ注意したいのは、嘘の申告をしてはダメだということです。

たとえば、収入について嘘の情報を書き入れても、職業や勤続年数、役職などの情報でその嘘が明るみにでてしまうことがあります。

そうなれば、信用がなくなり、審査落ちは必定です。

カード会社で審査が違う理由

クレジットカードの審査内容については、どこのカード会社も公表していません。

クレジットカードの審査はカード会社にとって最も秘奥に属する部分であり、その内容を明かすわけにはいかないのです。

したがって、それぞれのカード会社が独自の視点で審査を行っているのであり、おのずと審査の基準はみな違ってきます。

同じコンピューター審査でも、導入しているソフトも違い、その制作をするスタッフも違います。

また、人の手による審査でもカード会社各々の教育がされるので、審査基準が同じになるということはあり得ないのです。

まとめ

・流通系のカードは審査が甘い

・審査が甘いカードも特徴はみな違う

・どんな人に対して審査が甘いのかも見ておこう

審査が甘いクレジットカードを10種類選んで紹介しましたが、それぞれ独自の特徴を持った優れたカードです。

したがって、申し込みをする場合は、審査が甘いかどうかだけではなく、他の特徴も吟味してから選んでください。