クレジットカード全般

デビットカードでクレヒスは作れる?残る利用データについて解説

カードで決済する人

新しいクレジットカードを申し込む際に、クレヒスは重要な情報となります。

クレヒスを作る際は、クレジットカードを使っていくことが重要になりますが、クレジットカードを一切持っていないとき、どうすればよいか困りますよね。

このページでは、デビットカードをはじめ、クレジットカード利用以外の方法でクレヒスが作れるのか、解説して参ります。

デビットカードはクレヒスの対象になるか

結論から言うと、デビットカードの利用は、クレヒスの対象にはなりません。

もともとクレヒスとは、クレジットカード利用による「信用の蓄積」を指します。

デビットカードは、基本的に銀行口座を持っていれば誰でも利用することが可能です。

収入や勤続年数など、信用情報がなくても使うことができます。

また、デビットカードの場合、使った瞬間に登録口座から現金が引かれるため、その役割はほとんど銀行のキャッシュカードに近いです。

銀行口座から現金を引き出すという手間が省略されているだけで、結局、自信が保有する現金を使うのと変わりないのです。

反対に、クレジットカードの場合、「返済」という概念があります。

クレジットカードを利用すると、いったんカード会社が代金を立て替えてくれます。

その後、期日になったらカード会社が利用者に代金を請求するという形です。

この場合、自身がカードを利用する際に現金を持っていなくても、買い物をすることができます。

カード利用後に、カード会社へ代金を返済するのです。

したがって、クレジットカードの場合、「期日までにきちんと返済してくれるか」という情報が重要になってきます。

あくまでも、「延滞なく返済をしているか」という点が、クレジットカード利用の際に大事になってくるのです。

ただ、一部ではデビットカードの利用によってクレヒスが積まれていくケースもあります。

例えば、月毎に引き落とし日が設定されているデビットカードの場合です。

こちらの場合、行っていることはクレジットカードでの支払いと近いので、利用を続けていれはクレヒスとして認められる場合があります。

ただ、クレジットカード会社によってはデビットカードの利用は一律クレヒスとして認めないとしていることもありますので、過度に期待するのは止めておいた方が無難です。

家族カードでクレヒスは作れる?

家族カードではクレヒスを作ることができません。

家族カードとは、クレジットカード契約者の家族が利用できるカードで、新規でクレジットカードを申し込むよりも格段に審査が通りやすいのが特徴です。

ただ、審査に通りやすいのには理由があります。

それは、「クレジットカード契約者の信用」によって家族カードが発行されているためです。

家族カードの場合、契約者のクレジットカード額と合算した額が限度内に収まる必要があります。

あくまでも、契約者の信用情報をもとに、家族カードが付与されているのです。

イメージとしては、契約者がもっているクレジットカードが、複数の家族カードに分身した感じです。

このため、家族カードを利用していても、自身のクレヒスは積み上がっていきません。

たとえ、自分で利用した分を契約者に渡していても、信用情報としては公式に積まれていないのです。

家族カードは、利用した内容を家族全員で共有できるので、家計管理という面では使い勝手がいいのですが、クレヒスを積むという面では、役に立ちません。

もちろん、自身が契約者の場合は、クレヒスが積まれていくので、ご安心してください。

自分名義のクレジットカードから家族カードを作って、家族に渡す分には問題ありません。

現在も家族カードを使っていて、十分な収入がある場合は、ご自身が契約したクレジットカードに切り替えることをおすすめします。

自分名義のクレジットカードであれば、着実にクレヒスを積めるので、まだカードを持っていない方は、ぜひ申し込んでみましょう。

クレヒスがない場合にクレヒスを作る方法

カードを持つ手
クレヒスが無い場合、どんどんクレヒスを作っていくことが肝要になります。

クレヒスがない場合にクレヒスを作る方法は、大きく分けて以下の2つです。

・毎月クレジットカードを利用する

・携帯電話を分割払いで購入する。

それでは1つずつ確認していきましょう。

毎月クレジットカードを利用する

すでにクレジットカードを持っている場合、毎月少しずつで良いのでクレジットカードを使うようにしましょう。

クレジットカードを使って、期日に利用額を支払うことで確実にクレヒスが積み上がっていきます。

たまに、「クレジットカードで大きな買い物をするとクレヒスが一気にたまる」と言っている人がいますが、利用額によってクレヒスの大小が決まることは今のところ確認が取れていません。

たしかに、たくさんクレジットカードを使えば、それだけ経済的に余裕があると見れなくもありません。

ただし、それはあくまでも「ちゃんと利用額を支払った」場合のことです。

クレジットカードを自身の収入以上に使ってしまっては元も子もありません。

利用できる範囲内で使って、それを確実に返済することに重きを置くようにしましょう。

携帯電話を分割払いで購入する

これは、少し裏技的なものなのですが、携帯電話を分割払いで購入することで、クレヒスが積まれていきます。

携帯電話の分割払いは、「割賦契約」と呼ばれており、この契約がクレヒスと同様のものとして扱われるのです。

実際に、割賦契約をすると自身の信用情報に記載されるため、毎月分割払いを行えば着実にクレヒスを積むことができます。

この手段は、過去にクレジットカードで金融事故を起こしてしまったり、自己破産で信用が皆無になってしまった際、新たにクレヒスを積んでいくのに役立ちます。

もちろん、普段からクレジットカードを使っている人が携帯電話の割賦契約を結んで、クレヒスをさらに積み上げていくのもアリです。

ただ、気をつけて欲しいのが、携帯電話を分割で購入する際に「10万円以上」の機種を選ばないようにするという点です。

10万円以上の機種を購入して分割払いにすると、割賦販売法によって厳密な審査が行われてしまいます。

そうなると、信用情報によっては契約ができない可能性もあります。

10万円未満の機種であれば、割賦契約をしても審査が行われないので、信用情報に傷がついていても契約を結ぶことが可能です。

クレヒスを作る場合の注意点

クレヒスを作る場合の注意点は以下の3つです。

  • クレヒスが信用情報に反映されるまでに時間がかかる
  • 普段買わないような高額商品を急に買わない
  • クレジットカード現金化はしない

それでは、1つずつ確認していきましょう。

クレヒスが信用情報に反映されるまでに時間がかかる

一般的に、クレジットカード利用によるクレヒスが反映されるまでに3カ月ほどかかります。

クレジットカードの新規申し込みをする直前に、クレヒスを積む行動をとっても、申し込み時にはまだ反映されていない可能性があります。

クレジットカードを新規で申し込みときは、あらかじめ申し込みする日を決めて、そこから逆算してクレヒスを積んでいくようにしましょう。

普段買わないような高額商品を急に買わない

自分の返済能力をアピールするために、普段は買わないよな高額な商品を買うことも避けた方がよいです。

新規申し込みを受けたクレジットカード会社は、実際に申し込んだ人の信用情報を調べる際、直近に大きな額の利用がないか必ずチェックします。

大きな額の利用があると、「なにか金銭的に追い込まれているのではないか?」という疑いを持ちます。

クレヒスで重視されるのは、毎月安定した額を利用して、それを延滞なく返済しているという点です。

急に普段とは違う使い方をすると、クレジットカード会社から要らぬ疑いを掛けられてしまいます。

クレジットカード申し込み前でも、いつも通りクレジットカードを利用するよう心がけてください。

クレジットカード現金化はしない

最近では、クレジットカードの現金化が流行っていますが、クレヒスを積むという面を考えると、クレジットカードの現金化は避けた方が良いです。

クレジットカードの現金化は「換金性の高い」商品を購入することで、それを現金に換える、もしくはクレジットカード現金化業者が用意した架空の商品を購入することで現金化を行います。

後者の場合、一見するとクレジットカード会社側には現金化の利用がばれないように見えますが、クレジットカード会社は現金化業者がどのような商品を扱っているか把握しているため、以上に高い金額で該当商品を購入していた場合は確認のメスが入ります。

クレジットカードの現金化は、カード会社の利用規約で禁止されていることがほとんどで、現金化が発覚すると信用情報に傷がつくどころではなく、カードそのものの利用が停止されます。

分割払いカードを利用していた場合、一括で利用金額を請求されることもあります。

クレジットカードの現金化は、手軽に現金が手に入り、クレヒスも積めそうなものですが、クレジットカードが利用できなくなるリスクが高いので、利用は控えるようにしてください。

クレヒスがなくても作れるクレジットカード

クレヒスがなくても作れるクレジットカードは存在します。

クレヒスが全くない状態は「スーパーホワイト」と呼ばれていて、これは今までに全くクレジットカードを使ったことがなく、信用自体が積み上がっていない状態です。

本来であれば、クレヒスがない申し込み者は「返済能力に問題があるかもしれない」というレッテルを貼られ、審査が不利になるケースが多いです。

ただ、学校を卒業したばかりの新卒や初めてのクレジットカード申し込み者の場合、「もしかすると優良顧客になる」という可能性もあります。

仮に、クレジットカードの優良顧客になった場合、カード会社からすればそれは願ってもないことです。

したがって、新卒や初めてのクレジットカード申し込み者の場合は、スーパーホワイトでも審査に通る可能性が高いです。

もちろん、クレジットカードのランクによってはスーパーホワイトでは審査が通らないこともあります。

下記にご紹介するクレジットカードであれば、スーパーホワイトでも審査に通る可能性が高いです。1つずつ見ていきましょう。

楽天カード

楽天カード
楽天カードマンのCMでお馴染みの楽天カードは、ポイント還元率が1%と非常に高く、1枚目のクレジットカードとして非常におすすめです。

年会費は永久無料で、海外旅行保険、紛失盗難補償もついています。

申し込みから発行までの期間も1週間程度で、スムーズに利用を開始できますよ。

ライフカード(学生専用)

ライフカード
学生のうちにクレジットカードを発行しておきたいという人には、ライフカードがお勧めです。

学生での申し込みの場合、ほとんどの人がスーパーホワイトですが、学生専用のライフカードであれば、アルバイトなどの収入がなくても審査に通ることが可能です。

18歳から25歳の学生であれば、ほとんど審査なしでクレジットカードを手に入れることができます。

年会費は無料で、卒業後もそのままライフカードを利用することができます。

新卒でクレジットカードの申し込みをするよりも、簡単にクレジットカードを発行できるので、学生の間に1枚発行しておくと後々便利ですよ!

ちなみに、学生専用クレジットカードは、海外でのショッピング利用の際に、利用額の5%がキャッシュバックされます。

また、最高額2,000万円の海外旅行傷害保険も付与されていて、海外旅行の際にも大活躍します。

わざわざ、海外の傷害保険に加入する必要がないので、海外に行く予定がある場合は、ライフカードの利用が圧倒的にお得ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここで記事のポイントをまとめると、

  • 基本的に、デビットカードではクレヒスを積めない
  • 家族カードでもクレヒスを積めない
  • クレヒスを積むには「毎月、クレジットカードを使う」or「携帯電話を分割払いで購入する」
  • クレヒスは反映されるのに時間がかかる
  • 急に大きな額を使うのはNG
  • スーパーホワイトでも審査が通るクレジットカードがある

となります。

これらのポイントを押さえれば、まったくクレヒスがない状態でも、新しいクレジットカードを手に入れられる可能性が高まります。

「クレヒスが無いから、クレジットカードを申し込んでも無駄だ…」と思わずに、上記のポイントに沿って是非、クレヒスを貯めて新しいクレジットカードをゲットしてください。

クレヒスが無くても申し込めるクレジットカードも多数ありますので、ご自身に合いそうなカードを選んで申し込んでみましょう。