審査

途上与信とは?途上与信のタイミングは

people

途上与信とは

途上与信とは、カード会社がカード利用者へ行う与信管理の一環です。
クレジットカードを発行後、利用者のクレヒス(個人信用情報機関)と照会を行い事故情報や支払い延滞(所謂ブラック)の有無をチェックします。
モニタリングや途上審査(途上管理)と呼称されることがあります。
クレジットカード更新時に勤務先への在籍確認はありません。(必ずとは言えません。)
勤務先情報などは申込時から利用者が変更をしない限りクレジットカード会社から連絡が行くことはまずありません。
日本人の平均クレジットカード所有枚数は3.3枚と言われている時代ですので管理コストがすごいことになっているのでしょう。
クレジットカード会社はいつでもCICなどの個人信用情報機関にアクセスできるので、勤務先情報に変更があれば本人確認せずとも可能ということでしょう。

途上与信のタイミング

worries

途上与信のタイミングはクレジットカード会社によってまちまちです。
銀行系カードは2~3か月おきに利用状況の情報開示をされているようです。
特に、枠いっぱいまで使っている利用者については過剰に与信枠を設けすぎではないかということで途上与信が行われます。
あまりないケースではありますが、ずさんな管理を行っているクレジットカード会社も少なからず存在します。限度額いっぱいまで使っている利用者がカード更新できたり、利用履歴のない人が会員を強制解除させられたりといったケースが存在します。
私は毎月イベントのように自分の個人信用情報を開示してますが、どうやらステータス性の低いクレジットカードほど途上与信を頻繁にかけてきてます、やる所は3ヶ月に一回その痕跡があります。

途上与信は履歴が残る

ちなみに途上与信はクレジットカード会社がかけた際にその事実が個人信用情報に記載されますのであなた自分の個人信用情報を確認した際に「途上与信」と記載が残ります。
ですが、個人が信用情報開示については金融機関やクレジットカード会社は確認できませんのでご安心ください。なので個人信用情報を個人が開示するのはなにか後ろめたいことやチェックしなければならない特殊な理由があることがほとんどだと思いますが、怪しまれることはありえないです。
クレジットカードに申込をした際にも個人信用情報を確認されていますが、途上与信でも定期的に開示されているものです。

法定途上与信とは

一方、前述のクレジットカード会社独自で行う途上与信とは別に貸金業法などで定められた照会を法定途上与信があります。
これは1か月の貸し付けが5万円以上であり、且つ残高が10万円以上ある債務者に対しては法定途上与信を実施しなければならない義務があります。
残高が10万円以上の債務者であっても3カ月ごとに法定途上与信が実施されます。
最悪の場合この法定途上与信の結果によってはカードの利用停止限度額の引き下げなどの措置を取られる恐れがあります。