キャッシング

家族にバレずにお金を借りる方法

hide

家族にバレずにキャッシングする方法

お金を借りる際に人には言いたくないものですよね。所謂キャッシングをしていることを他人に悟られたい人はいないと思います。
そして、キャッシングがばれてしまうのは、家族がほとんどです。ここではキャッシングが家族にバレないようにするためのノウハウをご紹介いたします。

家族にバレる理由

家族にバレる理由を細かく上げていくときりがありませんが、一番多いであろう電話で知るケースや、郵送物で発覚してしまうケースをご紹介します。また同時に対策もご紹介しておりますのでご安心ください。

ケース1:電話

キャッシング会社は自宅に電話を入れるケースがあります。その際社名を伏せている状態で個人名を使ってかけてきます。
例示をすると「○○と申します。個人名(利用者の名前)さんはいらっしゃいますか?」といった具合でかかってきます。なので基本的に会社の人にバレることはありませんが、わかってる人からはすぐに感づかれます。
「お、○○君の本人確認が入ったな」となります。また勤務先だけではなく、自宅にも本人確認のために電話をするケースがあります。その際も同様に金融機関の担当者が「○○と申しますが、個人名(利用者の名前)さんはいらっしゃいますか?」という具合に電話をかけてきます。
そこで家族が異変に気づいたらアウトですね。
自営業をしている方は間違いなく家に電話がかかるので気を付けましょう。この電話に関しては回避の仕様がありません。
電話内容は上記のケースがほとんどで昔のような「名無し商事の田中と言いますが・・・」といった具合に利用者の希望する架空の社名や、名前を名乗ったりすることがありましたが、現在は禁止されております。※なりすましや偽名を名乗ることは法律で禁じられております。
どうしても電話をかけてほしくない人のために電話の代替措置があります。それは、勤務先の照明となるような「社員証」「在籍証明書」「給料明細」などの複数の書類を組み合わせて提出することにより会社への在籍確認を行うことが可能になります。
ただこの場合は与信枠が減額された状態で決議されることがほとんどなんのであまりお勧めはしません。

ケース2:郵送物

郵送物は電話よりも危険なケースが多いです。自宅へ届けられる郵便物が原因でばれてしまうケースはもはや”あるある”ネタとして取り扱われるほどです。
キャッシング会社からの郵便物には「ローンカード」「契約書類や規約、利用明細系の書類」などがあります。1点安心したいのは封を開けるまでは気づかれにくいということです。これは仮にアコムから借りた場合はACセンターという名称からの郵送部として届きます。
とはいっても家族が怪しんだらそれでアウトなので、気を付けて下さい。
また、返済の延滞などが起こることは言語道断ですが、すぐに督促状が届きますのでご注意ください。金融機関は延滞者に対しては容赦しません。全力で貸したお金を回収しに来ます。

ケース3:人から

これは誰にでも言えることですが、事情を知っている人を減らすことです。キャッシングをする理由は様々ですが、事実を知っている人間は極力少数にした方がいいです。「他人の口に戸は建てられぬ」とはよく言ったもので、言わないこともありますが、そもそも悟られないことを前提に行動をして下さい。

バレないためのポイント

バレないためのポイントがいくつかあるのでご紹介いたします。

ポイント1:延滞しない

返済が延滞した瞬間に終わったと思ってください。自宅に督促状が届くと思ってください。返済を問題なくやりくりしていれば間違いなく郵送物でバレる確率は減少します。
延滞することは個人信用情報にも傷がつきます。結果的に次の融資が受けられない状態となり、半年間で3回のクレジットカードの増額申請や、新規発行申請を行うと俗にいう「ブラックリスト」というものの仲間入りになってしまいます。
このような最悪なパターンを避けるために、延滞だけはしないように気を付けましょう。

ポイント2:郵送物はやっぱり危ない

郵便物でバレるケースがありますし、自分が気づいていない間に来るのが郵便物です。24時間家にいる人なんてほぼおりませんし、家から出る用事がない人はそもそもキャッシングをしなくても暮らしていける人です。なので郵便物だけは注意してください。
家族にも自分への郵便物が届いたらしっかりと知らせるように言っておきましょう。郵便物を無暗に開けることはないと思います。

ポイント3:借りても顔に出さない

これは個人間の話になりますが、夫婦間ですと「顔を見ただけでわかる」というように、嘘を付けない人が多数おります。バレても特に問題がなければ良いのですが、バレることによって、離婚やはたまたそれに準ずる被害が起こりうるのであれば鉄仮面のように顔に出さないようにしましょう。
結局は嘘や秘密は人からバレていくものです。ご自身でバレてしまうというあっけない最後にならないようにするためにはある程度の覚悟が必要です。頑張りましょう。

ポイント4:口座振替を使わないこと

口座振替サービスは使わない方がよいです。これは単純で「通帳に記帳して見られたらアウト」というだけです。夫婦間では通帳は見せ合っているか見ても不信感はない状態だと思います。

ポイント5:明細は郵送ではなくネット確認で

明細が月に一回届くと思いますが、これはインターネットで見れるように取り計らいましょう。郵送物が来ないようにするためです。意外に盲点で気づかないことがあります。