クレジットカード全般

クレジットカードの仕組み

gear

クレジットカードの仕組み

クレジットカードの仕組みを解説

現在クレジットカードをお持ちの方もそうでない方も
まずはクレジットカードの仕組みを理解しましょう。
クレジットカードの業界のことや、仕組みを知らないままでは不便なことがあるかもしれません。
単に「後払いができる」や「分割で支払える便利なカード」という知識だけでは痛い目を見ることがあるかもしれません。
よく使うからこそきちんと正しい理解をもってクレジットカードを使っていけるといいですね。

是非ご一読ください。

クレジットカードを利用した消費者は店舗において決済を行った際に、店舗側はクレジットカード会社に対して決済金額(正確には決済金額からクレジットカード会社に支払う手数料分を差し引いた金額)の請求を行います。
なので店舗側は滞りなく決済を行い、その売り上げ金額がクレジットカード会社から支払われる状態になります。
後日、クレジットカード会社から消費者に向けて請求が行われます。

クレジットカード会社が成り立つために

上記のように、クレジットカード会社が責任管理の上で金銭を管理しているからこそ、現金を持たなくても、消費者は商品やサービスを購入することができます。
そして消費者は決済の一括管理が可能になり、クレジットカード決済という購入方法があるからこそ店舗側(加盟店)は購入機会の損失を減少させることが可能になります。

クレジットカード会社の利益

クレジットカード会社も利益がなくては存続して行けません。
なので、消費者と店舗側(加盟店)の両社から手数料という形で利益を出しております。

消費者側からの利益

消費者は支払いの一括管理化、支払いの時期を後にずらすことが可能になり、
一括払いを行えば手数料はかかりませんし、損はありません。
当月に支払った分は翌月末日に支払うのがスタンダードです。
また支払いを2回に分けたり、複数回の分割支払いにすることで高価な物を購入することが可能になります。
ですが一時的に借金を負うようなものなので、引き延ばしている金額分利息がかかります。

店舗側(加盟店)からの利益

店舗側がクレジットカードの利用を可能にした場合、カード払いが好きなお客さんを集めることができたり、高価なものの場合はクレジットカード決済の割合が多くなるため、売り上げが上がるというメリットがあります。
ですが、それだけでは店舗側の利益にしかならないので、決済金額に応じた手数料を差し引かれます。実際のお金の流れとしては、店舗が決済した際に手数料を引いた額をクレジットカード会社に請求します。

仕組みの理解

クレジットカード会社の仕組みがわかれば安心です。これからクレジットカードを作成するあなたのためにもう少しだけご紹介したい内容があります。
それはクレジットカードを使っているだけでポイントがたまる、マイルがたまるなどのお得な内容です。
またクレジットカード作成の際に、年会費が必要なケースもありやや注意点もあります。

下の記事も参考にしてください

クレジットカードの作り方
クレジットカードの審査について
クレジットカードの選び方