キャッシング

キャッシングとは?詳しく解説

悩み

キャッシングとは

急にお金が必要になった際に、カード会社や金融機関から借金をすることです。
便利なサービスですが計画的に返済をしないと様々な弊害が出る恐れがあります。
キャッシング、カードローンともに事前審査を受けておいてカードを発行するともしもの際にいつでも利用可能になります。

キャッシングとカードローンの違い

question

キャッシングとは

返済方法が一括返済になります。
クレジットカードやキャッシングカードからお金を引き出すことができます。
引き出す際はキャッシュディスペンサーやATMや消費者金融窓口などがあります。
審査に通ってしまえば大変楽に借り入れをすることが可能になります。
引き出せる金額の上限は契約内容や消費者の状況によって様々です。
ATMからキャッシングする際は、個人口座からお金を引き出すのとなんら変わりがありません。
返済は一括返済となりますが、おおむね給料日に一括で返済してしまいます。利息の計算もしやすいため、気軽に扱えるのが魅力です。
はじめての方へのおすすめは、無利息で金利0円、即日融資・収入証明書不要のキャッシングが可能な会社が良いです。
有名どころなのは「レイク」「モビット」「アイフル」などですね。オリックスカードローンも有名です。

カードローンとは

キャッシングと近いです。実際に借り入れを行う際も、ATMからお金を引き出すようにして借り入れを行うことができます。
消費者の審査に応じて借り入れ上限額が決まります。
大体50~100万は問題なく与信枠を組めると思います。
有名どころですと「三井住友カードローン」ですね。CMなども行っていて利用者も多く、SMBCに行けば大体のところでカードローンの審査が可能なのでおすすめです。
また、返済が分割なので、合計の利息金額は高くなる傾向ですが、消費者にとっては返済の負担を軽くできるので大変助かります。

困ったとき用に1枚は作っておきましょう。

Trouble
お金が必要になった際にいきなりカードローンの審査や今お持ちのクレジットカードのキャッシング枠を増額するのは良いとは言えません。
短期間にクレジットカードの申し込みを行うと審査に通りずらくなります。
余裕のある時に1枚カードローンやキャッシングの与信枠をとっておき、もしもの時に対策ができるようしましょう。
使わないに越したことはありませんが、精神的な余裕にもつながります。

会社によるキャッシングの解説

こちらでは金融機関の種類別に分けて解説いたします。

消費者金融会社

「モビット」や「アイフル」が当たります。
キャッシングよりもカードローンが主です。
平均金利は5.0%~18.0%が相場です。
親会社が銀行なことが多いです。CMなどたくさんやっているので大企業で且つ安心して利用できます。
CMの最後によく「ご利用は計画的に」とありますが、あれは貸し倒れリスクを軽減するためです。決して消費者向けに発しているメッセージではないので注意が必要です。

クレジットカード

ショッピングやサービスを購入する際によく使われるクレジットカードですが、キャッシング機能がついているものがあります。
与信枠としてはカードローンで発行するカードよりも少ない場合が多いです。
大体クレジットカードを作成して初めての方は10万円の与信枠がついているものです。またクレジットカードを使っている期間が長いと与信枠が上がっていきます。
返済は一括返済が基本で年率:8.0%~18.0%と設定されているのが相場です。少額であればあるほど年率は上がる傾向なので、およそ18.0%かかると認識してください。
返済方法についてはリボルビング払いに切り替えて毎月少額で返済していくことも可能です。

街金業者(闇金)

クレジットカードやカードローンで与信枠がもらえないブラックリストの方でも借り入れができるという怖い業者です。
借入額は大変少額になりますが暴利といわれる金利を付けるので返済が大変なことになります。
返済金額は複利で計算されるので10万借りて気づいたら100万の借金になっていたというのはよく聞く話です。
絶対に使わないでください。

キャッシング体験談

専業主婦の方のキャッシング体験談
主人とこどもが一人と姑の4人家族です。
家族旅行の出費がかさんでしまい旅行から帰宅後に生活費がかなり厳しいことに気づきキャッシングを決意しました。
私は専業主婦なので、お金を稼いでいるわけではありません。なので、主人に対しても姑に対しても大して大きいことを言えず仕舞いでした。
とはいっても、金欠なのは変えられない事実なので、確実にキャッシング自体は支払いの延滞さへなければ家族にもばれないので安心してできました。
その際は銀行のカードローンを使いました。
ネットならその日に口座に振り込んでくれるので大変ありがたかったです。
10万円借りて毎月2万ずつ返済しています。利息もそんなに高くなく無理なく返しているイメージです。

まとめ

ここでも重ねて言いますが「ご利用は計画的に」を徹底してください。
現代、信用情報機関があるおかげで借り入れのハードルが大変下がっております。
気軽にできる借り入れですが、利息が絶対にかかるので借りないに越したことはありません。
ギャンブルに入れ込んでキャッシングやカードローンに借り入れを行うなど言語道断です。
ですが、本当に必要なときに助けとなるのも事実です。
あなたがもし本当にお金が必要になった際は初心者向けのカードローンやキャッシングサービスがあるので
是非ともご利用ください。